PALLET サービス

ウォレットプラットフォームの効果的な活用のためのサービス

PALLET サービスは、ユーザがより効果的に暗号資産ウォレットプラットフォームを活用できるようにPALLETが提供するサービスです。

PALLET Co-signingサービスは、マルチシグエンジン(Multi-Signature Engine)とMPCエンジン(Multi-Party-Computation Engine)により、あらゆる種類の暗号資産に対し、多重署名機能を提供ます。また、DKRエンジンにより安全なマスターキー保管及び容易い復元をサポートします。また、事業者はPALLET ノードサービスのフルノード(Full Node)・取引履歴サーバ(Transaction History Server)・ウォレットサーバ(Wallet Server)により、ブロックチェーン、取引履歴、ウォレットのバージョン及び暗号資産のリアルタイムレートなどの膨大なデータに簡単にアクセスすることができ、またブロックチェーンのフォークやペンディング等の状況に柔軟に対応することができます。

PALLET Co-signingサービス

PALLET Co-signingサービスは、マルチシグエンジン(Multi-Signature Engine)とMPCエンジン(Multi-Party-Computation Engine)により、あらゆる種類の暗号資産に対し、多重署名機能を提供します。

マルチシグエンジンは、多数の鍵を同時に署名し、取引を生成します。MPCエンジンは、分散されている秘密鍵が集まった時に、暗号資産にアクセスできる秘密鍵を生成します。また、DKRエンジン*は、ECDHを応用したペンタセキュリティの独自開発技術により、マスターキーを安全にバックアップ・保管しつつも、ユーザが容易く復元できるようにサポートし、ウォレットの情報紛失などの不測の事態にも対応できるのうに設計されています。

02-PWFS 01 JPN
*ECDH(Elliptic-curve Diffie-Hellman): 楕円曲線を使ったディフィー・ヘルマン(Diffie-Hellman) アルゴリズムで、DKRエンジンを実装するコア技術です。

マルチシグエンジン(Multi-Signature Engine)とMPCエンジン(Multi-Party-Computation Engine)は、製品別署名を集めPALLET Co-signingサービスに承認の可否を転送します。

ユーザは、 PALLET Co-signingサービスの多重署名機能を通じて、より安全に資産を管理することができます。

03-PWFS 02 JPN

A: 多重署名による取引生成 (N-of-M Multi-signature)

B: 多重承認による署名生成 (N-of-M Multi-approval)

C: マスターキーの分散 (N-of-M Secret Sharing)

* PALLET Bridge: 暗号資産ウォレットとメインネット(Mainnet)の間に位置され、メインネット(Mainnet)と分離されている暗号資産ウォレット(PALLET X/PALLET Z)の代わりに、取引をメインネットに記録します。

PALLET ノードサービス

事業者は、PALLETが提供するフルノード(Full Node)・取引履歴サーバ(Transaction History Server)・ウォレットサーバ(Wallet Server)により、迅速かつ安定的なウォレットの運用ができ、ブロックチェーンデータへのアクセスも簡単にできます。
PALLET ノードサービスを構成する全てのサーバは、GSLBにより世界中の多様なリージョンで迅速かつ安定的に運用されています。

PALLET Service_Full Node

PALLET Service_TX Server

PALLET Service_Wallet Server

フルノード (Full Node)

  • 定期的なモニタリングにより、フォーク(Fork)発生時に迅速な対応が可能
  • レスポンス速度の向上により、ペンディング(Pending)を防止

取引履歴サーバ (Transaction History Server)

  • 膨大な取引履歴を多数のユーザに対し、迅速に提供
  • UTXO系の暗号資産に対し、迅速な送金をサポート

ウォレットサーバ(Wallet Server)

  • 暗号資産ウォレットのバージョン管理
  • リアルタイムレートの照会及びトークンの追加が簡単

PALLET Service_Server

04-Server 05

GSLB (Global Server Load Balancing)

  • レスポンス速度の最も早いリージョンのサーバを自動マッチング
  • サーバの状態を定期的にモニタリングし、負荷を分散
  • サーバの冗長化により、障害発生時にもサービスの安定性を確保