ペンタセキュリティ‐韓国データ通信、 Webファイアウォール「WAPPLES V-Series」でSaaS市場進出

 

ペンタセキュリティ通信

Web脆弱性対策ソリューションであるWebアプリケーションファイアウォールWAPPLES V-Series」でSaaS市場進出

 

Webセキュリティびデ号化専門企業であるペンタセキュリティシステムズ株式会社代表取締役社長 イ•ソグ、www.pentasecurity.com以下、ペンタセキュリティ)と、仮想化ソフトウェア発企業であるのパラレルス(www.parallels.com)の国公式トナである通信代表取締役 イ•ジヨン、www.cloudi.co.kr)は、戦略的提携じて、ペンタセキュリティのWebファイアウォルであるWAPPLES(ワッフル)をパラレルスの「ベアメタル」クラウドエンジンの仮想化させた「WAPPLES V-Series」を発売することを51らかにした。

 

通信は、同社運用するインタネットデタセンタwww.kdtidc.co.krにクラウドWebバのセキュリティゾンを構築することにし、Webファイアウォルが必要SOHO顧客及びサバホスティング顧客5月初から提供することにした。

 

 

<クラウドWebファイアウォルのサビス概念図>

 

ペンタセキュリティのサビス事業本部のユヨンギル本部長は、「最近のハッカは、Webアプリケションの脆弱性利用したWebバハッキングや、SQLインジェクションなどのなハッキング技術利用した企業タの漏洩、そして、ネットワ麻痺などの深刻なセキュリティ脅威えてます。しかし、中小企業SMB)にとっては、機器への投資運用人員配置などが負担になるのがです。WAPPLES V-Series場合、アプライアンスのWebファイアウォルを構築することにべ、コストで、安全構築可能です」とWAPPLES V-Series長所らかにした。 WAPPLES V-Seriesは、アプライアンスで提供されるのではなく、仮想イメ形式Virtual Image)で提供されるWebファイアウォルであり、提供形態うだけで、ての検知断及びその機能は、既存WAPPLES方式じである。

 

通信のジヨンナムセンター長は、「通信では、SOHOのお対象にクラウド環境下仮想マシン(VM)あたりにWebファイアウォルをインストルし、おWebバとWAPPLES-V
Series
11のマッチングによりWebバの外部からの侵入にお手上げだった企業コストで安定したセキュリティ回線ビスを提供することにし、これはおビスとしてSaaS事業一環」だとらかにした。また、「SaaSWebファイアウォルサビスをにするため、国国内流通されているドイツのゲトプロテクトUTM統合セキュリティソリュション企業専用線ビスをつにしたセキュリティパッケジのプロモションを進行中であり、今後もソリュション発企業との戦略的なパトナシップをび、継続的SaaSビスを市場提供するです」とべた。

 

通信は、昨年のパラレルスとエンタプライズ部分国公式トナー契約び、国的代理店網確保してIDC-ISP事業者対象にクラウドサビスの連携及監視ビスを提供する、クラウドソリュション売代理店である。