ペンタセキュリティ、情報セキュリティの国際規格「ISO/IEC 27001」を獲得

情報セキュリティ企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳 貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、韓国本社、ヒューストン/米国法人)は10月12日、 Webセキュリティ、データ暗号化、ブロックチェーンセキュリティ、認証セキュリティに関する開発・サービスにおいて、 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格「ISO/IEC 27001:2013」をはじめ、品質マネジメントシステム「ISO 9001:2015」、 環境マネジメントシステム「ISO 14001:2015」の認証を取得したことを明らかにした。

近年、情報漏えい事件が後を絶たない状況の中、改正個人情報保護法や欧州における一般データ保護規則(GDPR)など、データ保護を巡って国際的な法規制強化の流れが続いている。これを受け、情報セキュリティに関する法令遵守、セキュリティポリシーの策定、情報管理体制の構築など、企業にはセキュリティ対策のさらなる強化が求められている。

「ISO27001」は情報セキュリティ分野で最も権威のある国際規格であり、厳格な審査と検証を通過した企業及び団体に付与されるもので、この度の「ISO27001」認証取得は、ペンタセキュリティにおける情報セキュリティ管理体制に対する取り組みが国際規格に適合していることを証明した。

一方、「ISO27001」認証以外にも、「ISO9001」及び「ISO14001」を取得し、国際競争力の強化とともに、信頼できる企業として確固たる地位を築き上げた。「ISO9001」は製品やサービスの品質がISOの策定した要求項目を満たし、持続的に維持していることを認証し、「ISO14001」は環境保全に貢献し、持続可能な開発を実現に向けて取り組む企業であることを認証する。

ペンタセキュリティ日本法人代表取締役社長の陣は、「国際規格や認証は、企業活動におけるリスク分析及び評価といった本来の目的以外に、世界で公正な競争を可能にする基準でもある 」とし、「今回取得した3つのマネジメントシステム認証で検証された力量や信頼を通じて、ペンタセキュリティが展開している事業分野及び活動の幅を国内外にさらに広げるように努めていきたい」と述べた。

■認証概要
適応規格:ISO/IEC 27001:2013
認証登録日:2020年8月26日
登録範囲:Webセキュリティ、データ暗号化、ブロックチェーンセキュリティ、認証セキュリティに関する開発・サービス

適応規格:ISO 14001:2015
認証登録日:2020年7月22日
登録範囲:Webセキュリティ、データ暗号化、ブロックチェーンセキュリティ、認証セキュリティに関する開発・サービス

適応規格:ISO 9001:2015
認証登録日:2020年7月22日
登録範囲:Webセキュリティ、データ暗号化、ブロックチェーンセキュリティ、認証セキュリティに関する開発・サービス