ペンタセキュリティのクラウドブリック、WorldHostingDays Global 2016に出展

 

ペンタセキュリティのクラウドブリック、WorldHostingDays Global 2016に出展

クラウドブリックのBusiness Editionを通じて欧州市場への本格的攻略
暗号プラットフォームとWebセキュリティ企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社 (日本法人代表取締役社長 陳貞喜、www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)は、 クラウド基盤のWebハッキング遮断サービスである「Cloudbric(クラウドブリック)」を主要製品として掲げて、3月15日から17日まで3日間ドイツで開催されたWorldHostingDays Global 2016(以下WHD Global)に参加したことを明らかにしました。

WHD Globalは、今年で12年目を迎えた世界最大規模のホスティングおよびクラウドコンファレンスで、全世界のホスティングおよびクラウド事業者のネットワーキングを目的としています。今回のイベントでは、展示会、基調講演、セッションとともにBierFest、ConneXion Partyなどの交流の場も設けられました。WHDは、毎年シンガポール、米国、中国、インドなど世界各地で開催され、日本でもWHDジャパンが2016年10月に開催される予定です。今年のWHD Globalは、ドイツユーロパークで開催され、約6,600人あまりが訪問、210余りのブースが参加しました。

ペンタセキュリティは、韓国のセキュリティ企業の中では唯一に参加し、クラウド基盤のWebハッキング遮断サービスであるクラウドブリックをヨーロッパのIT産業従事者に紹介しました。イベントに参加した訪問客は、クラウドブリックがアジア∙パシフィックの市場占有率1位WebアプリケーションファイアウォールであるWAPPLES(ワッフル)の技術を基にして作られたという点やセキュリティ知識を持っていない一般のWebサイト運営者のためのサービス版とエンタープライズ事業者のためのビジネスエディション版を使用者のニーズに合わせて提供するという点に高い興味を示しました。

特に、多くのヨーロッパホスティング及びクラウド産業の関係者は、既存のWebアプリケーションファイアウォールサービスとは異なり、クラウドブリックのビジネスエディションは彼らのWebサーバ環境に直接設置され、Webサイトの速度に及ぼす影響を最小化しながら多様なハイパーバイザー(hypervisor)環境を支援するため、既存インフラに大きな変化なく適用が可能な点を高く評価しました。これとともに、WHD Globalの参加者の約65%が企業の最高経営陣を務めていて、実質的な事業パートナーシップに対する深みのある対話ができました。

ペンタセキュリティの最高技術責任者であるDS Kimは、「クラウドブリックのビジネスエディションは、ホスティング事業者がインフラの上で簡単かつ便利にセキュリティソリューションを提供できるように最適化したソリューション」とし、「今回のイベントは、ヨーロッパのIT市場にクラウドブリックを知らせる踏み台で、これからは持続的にヨーロッパ市場を攻略するよてい」と述べました。

Cloudbric(クラウドブリック)

 

WebサイトとドメインがあればWebサイトプラットフォームにかかわらず誰でも利用できます。単にDNSを変更するだけで、わずか5分以内でクラウドブリックを適用することができます。設置や維持のためにハードウェア、ソフトウェアは必要なく、現在のホスティングプロバイダを維持できます。クラウドブリックはいつでも簡単に設定を解除できます。

 

 

Cloudbricに関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply