【週刊BCN】ペンタセキュリティシステムズ、法人代表のインタビューを掲載

bcn1

 

経験がなくても、斬新さで勝つ

「現実的に無理です」
そう言って一旦は断った社長の職に就き、すでに2年半が経つ。「今振り返ると、社長になってよかった」。そう思えるのは会社の支えと、自分の考えを貫く信念があるからだ。社長としての目標はもちろん、日本で売り上げを伸ばすこと。「韓国の会社も、日本でビジネスを成功させられるんだ、ということを示したい」と熱を入れる。

会社から社長の打診があったのは、日本市場でのビジネス拡大に課題を抱えていた時期。これまでの方針を大きく転換し、若手に指揮を任せて殻を破ろうと、陳貞喜に白羽の矢が立ったのだ。しかし当の本人は、これからマーケティングに取り組もうとしていたところで、営業スキルもなければ、日本の商慣習もわからない。断ったが、あれよあれよという間に社長になってしまった。

はじめはわからないことばかりで、つらいこともあったが、今はというと、「まずは仮説を立てて、やってみる。そうしていくうちにうまくいく成功体験も得た」と、楽しんでいる。「長年の経験がある人は、ここをこうすればいいというのが頭にあると思う。私の場合、逆にそれがないことが生きている。斬新さがあったからこそ、契約を結べたこともあった」と話す表情は朗らかだ。親の教育方針から、型にはまることなく、何でも自分で決めてきたという性格。「今思うと、“上がいると個性を発揮できないタイプ”だと、会社が見抜いてくれていたのかもしれないですね」。

趣味の一つがウォーキング。仕事の日は1時間をかけて、会社と家を往復する。「立てた仮説について考えを整理する時間がとれる」ことから、日本にきて以来6年間、毎日続けているという。一日の計画も反省もその間にする。そうして陳はまた新たな一日を進み、会社を成長へと導くのだ。(敬称略)

 

関連情報 – BCN Bizline https://www.weeklybcn.com/journal/face/detail/20170510_155655.html


D’Amo(ディアモ)

2004年リリースされたD’Amoは、韓国初のDBMS暗号化ソリューションを商用化した以来、セキュリティ市場No1として3,600ユーザ以上の安定された稼働実績を誇ります。長年の経験とノウハウ、そして研究を重ねてきた暗号化のコア技術をもとに、さらなるステージへとセキュリティソリューションの進化をリードしてまいります。

 

製品に関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201