セキュリティ専門企業のペンタセキュリティ、企業向けの仮想通貨ウォレット「PALLET X」を発売

セキュリティ専門企業のペンタセキュリティ、

企業向けの仮想通貨ウォレット「PALLET X」を発売

IoT・クラウド・ブロックチェーンセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳・貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、韓国本社、ヒューストン/米国法人)が3月21日、企業向けの仮想通貨ウォレットである「PALLET X(パレット・エクス)」の発売により、国内はもちろん、グローバル市場の攻略を本格化することを明らかにした。

<ペンタセキュリティの企業向け仮想通貨ウォレットのPALLET X(パレット・エクス)>

仮想通貨取引は、ユーザの個人鍵と公開鍵を使用して行われる。仮想通貨の取引環境で最も強力な脅威が鍵奪取であるだけに、鍵を生成して安全に保管すること、すなわち鍵管理が仮想通貨セキュリティの核心である。

今回発売されたペンタセキュリティの「PALLET X(パレット・エクス)」は、金融機関レベルのセキュリティを充足した企業向けの仮想通貨ウォレットであり、仮想通貨取引の際、使用される鍵生成やユーザ認証等の鍵にかかわる全プロセスを外部からアクセスができない信頼実行環境(Trusted Execution Environment 、TEE)で処理する。また、これまで多くの仮想通貨取引所で問題になった、1つの鍵でウォレットを管理することを解決するためにマルチシグ(Multi-Signature)機能を導入し、多種のユーザ認証によるウォレット管理機能を提供する。これにより、企業の業務環境に合わせた構造を反映することができた。マルチシグは、ウォレットにアクセスするために、複数の鍵が必要であるため、取引所の破産やサーバハッキングのような外部攻撃から仮想通貨資産を安全に保管することができ、最近注目されている技術である。

ペンタセキュリティのCSOのDS KIMは、「PALLET X(パレット・エクス)から始めとし、日本市場で紹介されるPALLET(パレット) は、ペンタセキュリティが提供する全仮想通貨ウォレットを併せる製品ブランドである。独自開発のウォレットフレームワークである’Penta Crypto Wallet Framework(PCWF)’をベースとし、ホットウォレット(Hot Wallet)とコールドウォレット(Cold Wallet)を全てサポートしており、モバイル/カード/ハードウェア/チップ等の形で提供する。」とし、「これにより、個人と企業は状況に合わせて選択することができる。今年は、機関の投資家たちが容易に仮想通貨投資に参加できるよう、仮想通貨カストディ(資産管理)サービスである’Penta Crypto Custody Platform’も発売する予定だ。」と述べた。

■ ペンタセキュリティシステムズ

ペンタセキュリティは創業22 年目を迎えた情報セキュリティ専門企業であり、DB 暗号化・Webセキュリティ・認証セキュリティなどの企業情報セキュリティのための製品やサービスを研究・開発し、優れたセキュリティを認められた。優秀な技術力を基にし、国内はもちろん、海外市場でも技術力を認められ、多数受賞している。IoTセキュリティやコネクテッドカー向けのセキュリティ関連技術の開発にも力を注いており、最近はブロックチェーン研究所を新設し、ブロックチェーン技術を活用した製品およびサービスの商用化に集中している。

PALLET(パレット)

PALLETは、「Penta CryptoWallet」の略語で、ペンタセキュリティが提供する全仮想通貨ウォレットを併せる製品ブランドです。独自開発したウォレットフレームワークを基盤とし、ホットウォレット(Hot Wallet)とコールドウォレット(Cold Wallet)を全てサポートします。なお、モバイル/カード/ハードウェア/チップ等の形で提供し、個人と企業の状況に合わせて選択できます。


本件に関するお問い合わせ
ペンタセキュリティシステムズ株式会社
E-mail : japan@pentasecurity.com
TEL : 03-5361-8201