安全なWebサイトの国際標準とは?

このコラムは、ペンタセキュリティからIT情報サイトであるキーマンズネットへ寄稿しているコラムです。
主に情報セキュリティ・データベース暗号化Webセキュリティに関するものを解説いたします。

このWeb全盛期時代、セキュリティは最も重要ーー。

いくら強調しても、なぜWebセキュリティが重要なのか、その本質まで理解してもらえないケースがよくあります。今回もこの場を借りてWebセキュリティの大切さについて訴えたいと思います。

今の時代、グローバルはインターネットですべてつながっており、インターネットを介しすべてのことが疎通していると言っても過言ではありません。にも関わらず、Webのセキュリティについては、誰も目を向けようとしない。その理由は、「安全なインターネット」は、一体何なのかよく分かっていない人が多いからだと考えます。

 

安全なインターネット」とは?

  皆さんがよく使う言葉で、実はその意味を明瞭に分からずに使っている言葉が案外存在するかと思います。このITの分野でいうと、「ICTセキュリティ」が丁度いい例になります。 「ICT時代」と言われると、普通に肯くかもしれませんが、「ICTセキュリティとは」と訊かれたら、「あれ、何だったっけ?」になる人も多いのではないだろうか。「セキュリティ」は重要であるということは分かっていながらも、何をどうすればいいのか、私たちは明瞭に把握できている人は少ない。実際私たち個人だけがこのICT時代のセキュリティ迷子になっているわけではなく、会社や団体などもセキュリティ迷子になっていると言えます。

しかしながら、この社会は迷える人々のためにきちんとした社会的安全措置を用意してくれています。セキュリティへの悩みを解消できる「国際標準」が、それです。代表的なのは、イギリスBSI(British Standards Institute)が制定したBS 7799をベースに構成されたセキュリティ認証であり、フレームワークである「ISO 27001」が挙げられます。

そして、より経営中心の性質が強い「ISMS(Information Security Management System) 情報セキュリティ経営システム」も重要な基準と言えます。このようなフレームワークを基準に企業側のセキュリティシステムを構築すれば、かなり安全なICTセキュリティポリシーを構築できるということです。

例えば、ある企業がISO 27001フレームワークの評価の11項目の全てに対し、安全という判定を受け認証を取得したとします。これは、ICTセキュリティの危機に対し、全社的に取り組んで総合的に管理を行い、今後持続的に改善していくためのシステムを構築できたということを意味します。

もちろん、認証を取得しているから100%安全になったではなく「相当安全である」ということです。

 

安全なWebサイトの基準になる国際標準は?

  国際的非営利NGO団体として、オンライン信頼度評価機関である「OTA(Online Trust Alliance)」は、毎年著名なWebサイトを対象にそのセキュリティをチェックし、その結果を以て安全なインターネット文化の形成のために努力したWebサイトを選定する「OTHR(Online Trust Honor Roll、オンライン信頼度優秀)」の企業を発表しています。

OTHRは政府、マスコミ、金融、SNS等、様々な部門にわたり、約1,000以上の世界的に著名なWebサイトを対象にします。2015年の選定結果としては常連の約46%がセキュリティの面で減点されランクインできず、「最も信頼できるWebサイト」として「Twitter」が選定されました。

 

OTAは、どのような基準を以てOTHRを選定しているのか。

  基準は色々ある中ここで注目すべき点は、去年から「WAF(Web Application Firewall)の採用」が加算項目になっているということです。WAF採用の有無は、OTHRの選定結果を大きく左右しました。

WAFは、Webアプリケーションのセキュリティとして特化して開発されたソリューションです。外部からの攻撃を検出し遮断することで悪意のあるコードをWebサーバに挿入しようとする試みを未然に防ぐ、そして、システムの脆弱性を外部に漏出しないように制御するなど、Webセキュリティにおいて、最もコアで重要な部分を対応しています。

Webサイトのセキュリティは、システム全体に及ぼす影響が大きく、OTAは今後もWAF採用有無によるOTHRの選定への影響を強めていくことを明らかにしました。

 

「じゃ、WAFを購入すればいいわけ?それっていくら?」

  WAFを導入すれば、セキュリティ問題はいかにも簡単に解決できそうですが、そんな上手い話ではありません。また、生産性のない「セキュリティ」に投資をすることは、営利団体である企業側にとって簡単なことでもありません。第一、WAFはとても高価とはいわないものの、安価でもありません。

ここでコストパフォーマンスを考慮したら、クラウド型WAFサービスの出番となります。簡単な導入の手続きかつ、リーズナブルなサービス価格にて実際のWAFを導入したことと同等のレベルのセキュリティを確保できます。

言い切ってしまうと、Webのサービス開始のための数回のクリックで、全体のICTセキュリティ脅威の90%を占める「Webハッキング攻撃」を防ぐことができるようになります。このようなクラウド型のWAFサービスの場合、ハードウェアを持つ必要がなく、インストール作業は発生しませんし、コーディングなどの必要もありません。

実際、システムの実務者を対象にWebセキュリティにおいて一番重要なことは?と聞いたところ「モニタリング」という回答が多い結果を示したといいます。Web攻撃のトレンド把握や未知の攻撃を予想するよりは、今この時間に自社のWebサイトが狙われている現状を知りたい、といったニーズが高いようです。このような管理者のために必要なのは、持続的、かつ効果的にモニタリングができるインターフェースが重要です。システムにおいては専門家である管理者でもこれがセキュリティになると“話は別”になるのも、よくある話です。

様々なクラウド型WAFサービスがリリースされていますが、弊社では、専門家ではなくても簡単に導入でき、ユーザーフレンドリーなインターフェースに力を入れ、クラウドブリックcloudbric)を提供しています。一度お試しになることをオススメ致します。体験してみて損はありません。

WebセキュリティにおいてWebアプリケーションに特化したセキュリティとして、まずWAFの導入をご検討して頂きたい。そして、そのスタートとしてクラウド型WAFサービスは、魅力的なソリューションであることを今一度覚えて頂けると幸いです。

  キーマンズネットに寄稿しているペンタセキュリティの他のコラムは、こちらより閲覧できます。