Posts

ペンタセキュリティのOSS DB暗号化ソリューション「MyDiamo(マイ・ディアモ)」、PostgreSQL暗号化を提供開始

ペンタセキュリティのOSS DB暗号化ソリューション

「MyDiamo(マイ・ディアモ)」、PostgreSQL暗号化を提供開始

クラウド環境のためのオープンソースデータベースで「PostgreSQL」の暗号化サービス開始

データ暗号化とWebセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長陳貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)は、10月19日、当社のOSS DB暗号化ソリューションとしてMySQL、MariaDB、PerconaDBに対応できるMyDiamo(マイ・ディアモ)に加え、PostgreSQL DBの暗号化を提供することを明らかにしました。

 

ペンタセキュリティは、オープンソースのデータベース管理システム(DBMS)であるPostgreSQLに特化した高度な暗号化を提供するため、MyDiamo(マイ・ディアモ)のラインナップとしてPostgreSQL暗号化を追加しました。このソリューションは、カラム単位の暗号化、暗号化カラムに対するアクセス制御、そして監査機能をトータル提供するパッケージ型のソリューションであり、利便性とセキュリティを両立できます。

 

オープンソースの普及および商用プログラムの保守費用を含む維持費用の負担等により、企業のオープンソース使用率は、グローバル的に増加経路にあります。2012年4月、日本国内のPostgreSQL関連ベンダー及びユーザ企業は、企業システム上PostgreSQLの利用を促進する動きとして、「PostgreSQLエンタープライズコンソーシアム(PGECons)」を発足しました。開発用、研究用、そしてテスト用での使用のみならず、本番環境においての業務システム上PostgreSQLの活用という流れがあります。PostgreSQLは、MySQLやMariaDBと共に最も多く使われるオープンソースDBMSにもかかわらず、これまで特化されたセキュリティソリューションはありませんでした。近年の情報漏えいによるセキュリティへの危機感からPostgreSQLのデータベースに特化した暗号化ソリューションは時代の要求となっています。

 

このような市場性にてMyDiamo(マイ・ディアモ)のラインナップとして、MySQLやMariaDBに加え、PostgreSQLを追加しました。MyDiamoのPostgreSQL版は、シンガポールの「国際サイバーウィーク(Singapore International Cyber Week)」期間中開催された情報セキュリティ・カンファレンス「GovWare(GovernmentWare)」で初めて紹介しました。MyDiamo(マイ・ディアモ)は、アプリケーションのプログラムおよびクエリーの改修が必要なく、既設のシステムにAdd-onで導入ができる特長に加え、カラム単位の暗号化を実現した透過型暗号化(Transparent column Encryption)にて暗号化前後のパフォーマンス劣化も殆ど見られないのがポイントであります。

 

当社CSOのDSKimは、「PostgreSQL向けの暗号化ソリューションは、韓国国内よりはオープンソースのDBMSの使用率の高いグローバル市場においてニーズを確認している。特に日本においては、オープンソースのDBMSの中でもPostgreSQLの暗号化ニーズは、持続的に拡大している」と話し、「業種を問わず、様々な分野のユーザに対しては、は高度な暗号化技術を簡単に導入できるという、利便性とセキュリティを両立できるMyDiamo(マイ・ディアモ)を戦略的に展開する予定であるため、MyDiamo(マイ・ディアモ)で最も根源的なセキュリティ対策を実現して頂きたい」と言及しました。

 

 


 

製品に関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201

 

hacker-1944688_1280

【コラム】 セキュリティ脅威にはアクセス制御より暗号化が効果的だ。


データベースセキュリティや情報漏えい対策において「暗号化」と「アクセス制御」はどちらがさらに重要であろうかを常に熾烈に競争してきた。

この二つは、セキュリティに対するアプローチからお互い明確に違って、長所と短所もそれぞれ違うのでユーザたちを悩ませた。
それで今回は基本の基本である暗号化とアクセス制御の長所と短所を調べて、究極的に情報保護のために使用すべきのソリューションは何だろうかを説明したい。

 

暗号化そしてアクセス制御

 

暗号化の方では、アクセス制御に比べてはるかに高いセキュリティを強調した。万が一、情報漏えい事故が発生した時にも既に暗号化されたデータなら内容だけは露出されず安全なので、暗号化こそ根本的なセキュリティ方法だというのだ。しかし、全体のセキュリティシステム構築にかかる期間が比較的長くて構築後の暗号化処理をしてみると、システム性能に影響を及ぼす可能性があるという点が短所として指摘されたりした。特に速度と安定性が強く要求される金融機関などの企業は、性能影響に対する予測が難しいという点のため、暗号化システムの導入を躊躇したりもした。

 

アクセス制御の方では、暗号化に比べて簡便な構築などの主にシステム可用性を強調した。アカウントによって情報に対するアクセス権限を付与したり遮断する方法を通じて情報漏えい事故を未然に防止する効果があるという、本来の趣旨よりかえってシステムとネットワーク性能に及ぼす影響が暗号化に比べて少ないという点を長所として広報した。名分はセキュリティ道具なのにもセキュリティに対する言及が少ないという点は、おそらく自らも短所を認める態度であろう。暗号化とシステム性能の関係に対する漠然な疑いを確実な恐怖で拡大することにもいつも先頭に立ったアクセス制御の方では今も同じ立場を取っている。

 

暗号化とアクセス制御は、長年の競争を通じて鍛えられた。相手を反面教師にして、自分の短所を克服し、自分の強みをより引き上げようとする努力をしてきた。そして、もう双方いずれも十分に鍛えられたようだ。
二つの間の優位を冷静に判断する時になったという話だ。

 

まず、暗号化は、これまで金融機関などのシステム性能と速度そして安定性などに非常に敏感な現場に進入することによって、既存にやや不足していると評価されたシステム可用性の問題を確実に克服したという事実を証明した。アプライアンス一体型の方式の導入など、ソフトウェアとハードウェアを含めた不断の努力を通じて短所と指摘されてきた速度の問題も完全に解決した。その結果、今は誰もが「暗号化は、セキュリティレベルは高いとはいえ、速度が遅いのが問題」と言わないようになった。

 

一方、アクセス制御は長所の広報をより強化する方向を選択した。「アクセス制御のハードウェア一つだけ設置すれば、たった数日にすべてのセキュリティ問題がきれいに解決される。」という言葉は、企業のセキュリティシステム構築の担当者なら誰でも一度は聴いてみたような広報セリフだ。少しだけ集中して聞いてみると、主客が転倒した言葉であるという事実をすぐ気付くかもしれないが、一応聞いたところでは結構良さそうに聞こえるし、かなり効果的だった。そして暗号化を代替できるとし、データマスキング機能などを自慢したりもするが、情報セキュリティ専門家たちはこれを話にならない無駄な迷信に過ぎないと言う。

 

情報を保護するための究極のソリューションとは

 

もう暗号化とアクセス制御の競争1次戦は終了したようだから、企業が保有した貴重な資産である情報を保護する究極のソリューションは何なのか、判定する時である。

 

ほとんどのセキュリティ政策の場合、「情報が絶対流出されないこと」を大前提にしようとする傾向がある。流出を根本的に遮断するとし、数多くの道具と方法を動員したにもかかわらず相次いで発生した大規模の情報漏えい事故を考えて見ると、非常に深刻な弱点を内包している単純な危機管理論理に過ぎない。誠に残念な話だが、情報は流出されるものだ。情報はさらに広く、急速に広がっていく性質を持っているので、いくら防ごうとしても、人の力で防げるものではない。情報流出は、もしかしたら必然だ。それが情報の固有の性質だから。

 

結局、情報セキュリティはただセキュリティのレベルの高低によって判断されなければならない。それも、情報はいつでも流出される可能性があるという前提の下、流出を防ぐために最善を尽くすべきだが、万が一、情報が流出された状況でもきちんと備えなければならない。その必要と危険性は、今まで起きた様々な事件事故がすでに証明している。暗号化は、意味があって価値を持っている情報を変形して、無意味で価値のないビットに置き換えることにより、情報窃盗を狙う目的そのものを根本的に破壊させる事故防止の抑止力だ。同時に情報が既に流出された状況でも情報の内容が露出される最悪の事態だけは発生しないようにする最終兵器そして究極の兵器だ。

 

例えると黄金を無価値な石に変えることだろう。金を狙う者は多いが、石を狙う者はない。ただ元の状態への変換のための鍵、つまり暗・復号化のための暗号鍵を知っている者だけが石を再び金に変えることができる。誰が暗号化鍵を持つのかをあらかじめ指定することによって、情報アクセス権限を管理するという点から見ると、鍵管理を適切に運用するなら、これはアクセス制御方式が提供するセキュリティをすでに含めているに違いない。したがって、暗号化とアクセス制御競争1次戦が優劣をつけることができない勝負であったら、第2戦は、暗号化の圧倒的勝利だと予想している。 あらゆる情況がそうだ。