Posts

4Q

【情報】 最新Web脆弱性トレンドレポートのEDB-Report(第4四半期)がリリースされました。

ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータセキュリティチームの
専門性と経験による情報解析、EDB-Report 第4四半期バージョンをリリース

2018年第4四半期の最新Web脆弱性トレンド情報

2018年10月から12月まで公開されたExploit‐DBの脆弱性報告件数は、188件でした。最も多くの脆弱性が公開された攻撃はSQLインジェクション(SQL Injection)です。また、多数の脆弱性が公開されたソフトウェアは、DomainMOD、Webiness Inventoryで、各7個、3個の脆弱性が公開されました。その中で最も多い脆弱性が公開されたDomainMODソフトウェアで修行された攻撃はクロスサイトスクリプティング(Cross-Site Scripting)で、この攻撃はユーザに意図しない攻撃を修行させたり、クッキーやセッショントークンなどの敏感な情報を奪取することが可能です。特に公開されたDomainMODでは、Assets/add/registar accounts.php ファイルやUser/Profile/Display Nameなどの同じFieldを利用した脆弱性が発見されました。クロスサイトスクリプティング(Cross-Site Scripting)攻撃は、ウイルスの配布、ユーザセッション情報の奪取、CSRF攻撃などの2次、3次被害に繋がる可能性があるので、注意が必要です。

当脆弱性を予防するためには、最新パッチやセキュアコーディングがお薦めです。しかし、完璧なセキュアコーディングが不可能なため、持続的なセキュリティのためにはウェブアプリケーションファイアウォールを活用した深層防御(Defense indepth)の具現を考慮しなければなりません。

最新Web脆弱性トレンドレポート:EDB-Report

ペンタセキュリティが四半期ごとに提供しているExploit-DBのWeb脆弱性項目をもとにしたトレンドレポートです。本レポートは、世界的に幅広く参考している脆弱性関連のオプーン情報であるExploit-DBより公開されているWeb脆弱性について、ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータセキュリティチームの専門的知識と経験を活かし作成されています。

EDB-Reportは、各脆弱性を対象とし危険度および影響度を分析し、特定のWebアプリケーションにおけるDependency(依存度)まで提示しているため、専門的知識を持っていない一般のお客様でも脆弱性のトレンド情報を理解することができます。


wapples2

ウェブアプリケーションファイアウォール「WAPPLES」v5.0アップグレード

ペンタセキュリティ、

ウェブアプリケーションファイアウォール「WAPPLES」v5.0アップグレード

IoT・クラウド・ブロックチーェンセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳・貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、韓国本社、ヒューストン/米国法人)が、10月10日、ウェブアプリケーションファイアウォールの「WAPPLES」のv5.0アップグレードや新規アプライアンスのラインアップを公表した。

wapples2

<ペンタセキュリティのウェブアプリケーションファイアウォール「WAPPLES」>

ペンタセキュリティの「WAPPLES」は、ウェブアプリケーションセキュリティに特化されたウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)として、全般的なウェブ攻撃に対応し、情報流出、不正ログイン、ウェブサイトの偽・変造防止機能を提供する。ペンタセキュリティが独自開発した論理演算検知エンジン「COCEP™」を搭載することで、まだ知られていない新型攻撃に対応可能であり、論理的な判断方式なので未検や誤検知がほとんど発生しないという特長を持っている。「WAPPLES」は、韓国市場シェア1位だけでなく、アジア・パシフィック地域のマーケットシェア1位の製品である。

今回にアップグレードされた「WAPPLE」v5.0は、ルールと例外処理機能を改善し、WAFの基本である検知機能を強化し、自動化ツールによる不正アクセス防止機能を通じて、セキュリティを強化した。また、設定およびログDB管理の二分化、バックアップと復旧機能などのアップグレードを通じて、安定性を強化し、UI改善を通じてユーザの便宜性をさらに高めた。そして新規のH/Wリリースを通じて、全体ラインアップモデルの性能が向上された。

ペンタセキュリティの企画室長ナム・ギョンムンは、「今回のアップグレードやラインアップの実際現場の顧客ニーズを積極的に反映して、セキュリティと性能安定性を高め、顧客状況に応じて、より安定的にWAFハードウェアを使用できるように全体製品のラインナップ構成を最適化した。今後も市場1位の期待に応えられるように、顧客満足度を高めるために努力する予定だ。」と述べた。

WAPPLES(ワップル)

WAPPLESは, 世界各国170,000のWebサイトを保護している信頼のソリューションであり、ペンタセキュリティが独自開発し4ヶ国特許を取得した検知エンジンを搭載し、セキュリティ専門家に頼らなくても使える知能型WAFです。


本件に関するお問い合わせ
ペンタセキュリティシステムズ株式会社
E-mail : japan@pentasecurity.com
TEL : 03-5361-8201

profile

【情報】 最新Web脆弱性トレンドレポートのEDB-Report(8月)がリリースされました。

ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータセキュリティチームの
専門性と経験による情報解析、EDB-Report 8月号をリリース

最新のWeb脆弱性のトレンドを解りやすく
>>>>>Exploit-DBのWeb脆弱性を解析した毎月のトレンドレポート

EDB-Reportは、ペンタセキュリティが提供している3種類のセキュリティ情報レポートのうち、毎月発行されるトレンドレポートです。本レポートは、世界的に幅広く参考している脆弱性関連のオプーン情報であるExploit-DBより公開されているWeb脆弱性の項目をもとにした解析を提供し、ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータセキュリティチームの専門的知識と経験を活かし作成されています。

EDB-Reportは、各脆弱性を対象とし危険度および影響度を分析し、特定のWebアプリケーションにおけるDependency(依存度)まで提示しているため、専門的知識を持っていない一般のお客様でも脆弱性のトレンド情報を理解することができます。

 

8月の最新Web脆弱性トレンド情報

2017年8月に公開されたExploit-DBの脆弱性報告件数は、総90件であり、その中でSQLインジェクションが70件で最も多い件数で発見されました。公開された70件のSQLインジェクション脆弱性の中で26件はJoomla CMSで発見されたものでした。したがって、Joomlaを使用しているユーザーは特に主要コンポーネントに対する最新パッチで脆弱性に対応する必要があります。その他にも、ほとんどの脆弱性は、ウェブアプリケーション攻撃から発生しています。よって、持続的なセキュリティを維持するためにはウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)とセキュアコーディングを活用した深層防護(Defense indepth)を具現しなければなりません。

 

最新Web脆弱性トレンドレポート:EDB-Report

ペンタセキュリティが毎月(年12回)提供しているExploit-DBのWeb脆弱性項目をもとにしたトレンドレポートです。本レポートは、世界的に幅広く参考している脆弱性関連のオプーン情報であるExploit-DBより公開されているWeb脆弱性について、ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータセキュリティチームの専門的知識と経験を活かし作成されています。