Posts

ペンタセキュリティのD’Amo、暗号鍵管理製品に「セキュリティー強化パッケージ」として機能アップグレード

ペンタセキュリティのD’Amo、
暗号鍵管理製品に「セキュリティー強化パッケージ」として機能アップグレード

ディアモ(D’Amo)に量子乱数発生器(QRNG)とHSM追加し、強化された鍵管理提供

データベース暗号化とWebセキュリティ専門企業ペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳貞喜、www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)は、6月20日、暗号鍵管理システムであるD’Amo SG-KMS(ディアモ・エスジ・ケイエムエス)に量子乱数発生器(QRNG)やハードウェアセキュリティモジュール(HSM)を追加した「セキュリティー強化パッケージ」をリリースしたことを明らかにしました。

ペンタセキュリティのD’Amo SG-KMSは、暗・復号化に使用する鍵を物理的に安全に管理できる鍵管理システムです。鍵管理は、暗号化ソリューションの構築の際、最も核心的な技術で、使用者はD’Amo SG-KMSを通じて、鍵の生成から廃棄までライフサイクルを全般的に管理し、別途の安全なところに鍵を保管することができます。セキュリティ脅威がますます増加している状況で、ペンタセキュリティはより高度化されたセキュリティが要求されることにより精巧かつ安定的な暗号化及び保存のために量子乱数発生器とHSMを追加するようになったと説明しました。

新たに追加することになった「量子乱数発生器(Quantum Random Number Generator、QRNG)」は、量子技術に基盤して純粋な乱数(True Random Number)を生成する方法で、従来の擬似乱数(Pseudo-Random Number)生成方法に比べて高いセキュリティを持っている暗号鍵の生成が可能です。乱数(Random Number)とは、完璧に無秩序な数字で、暗号化技術の核心要素です。今までは「疑似乱数」すなわち、コンピュータプログラムで作った擬似乱数を使用しました。しかし、擬似乱数の生成方法はコンピューティング技術が発展することにより乱数の予測や再現が可能になりましたし、ハッキングの危険も高まりました。しかし、量子乱数発生器を導入することにより予測することが難しくなったため、以前に生成された数字と関連されず、どんな方法でも推定が不可能な、完璧な暗号化を構築できるようになりました。

これとともに、生成された鍵を安全な場所に保管できるハードウェアセキュリティモジュール(HSM)が追加されてより安定的な鍵管理も可能です。ハードウェアセキュリティモジュール(Hardware Security Module、HSM)は、物理的な演算装置で、保存されたデータに対する偽・変造を防止できるセキュリティプロセッサーであるが、ここに保存された鍵は、ストレージまたはメモリに保管してきた既存の鍵保管方式より安全で、ハッキングも不可能です。また、物理ハードウェアなしには、利用ができないため高いセキュリティレベルで暗号化構築が可能です。

ペンタセキュリティの最高技術責任者であるDS Kimは、「D’Amo SG-KMSのセキュリティー強化パッケージは、多様化された金融サービスやモノのインターネット(Internet of Things、IoT)のセキュリティ脆弱性に完璧に対応することになろうと期待している。」とし、「D’Amoが韓国1位の暗号プラットフォームであるだけに、鍵管理システムを中心にPOS、SAPのような多様なコンポーネントに対して強力な暗号化を通じたレベルの高いセキュリティを提供する予定。」と述べました。

D’Amo(ディアモ)

 

2014年リリース10周年を迎えたD’Amoは、韓国初のDBMS暗号化ソリューションを商用化した以来、セキュリティ市場No1として3,200ユーザ以上の安定された稼働実績を誇ります。長年の経験とノウハウ、そして研究を重ねてきた暗号化のコア技術をもとに、さらなるステージへとセキュリティソリューションの進化をリードしてまいります。

 

 

D’Amoに関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201

 

ペンタセキュリティのWAPPLES・MyDiamo、2016 CDM Awardsで受賞

ペンタセキュリティのWAPPLES・MyDiamo、2016 CDM Awardsで受賞

参入障壁の高いアメリカ市場で技術的に認められ

暗号プラットフォームとWebセキュリティ企業のペンタセキュリティシステムズ (日本法人代表取締役社長 陳貞喜、www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)が3月2日、WebアプリケーションファイアウォールのWAPPLES(ワッフル)とオープンソース暗号化ソリューションのMyDiamo(マイディアモ)がCDM(Cyber Defense Magazine)Awardsで受賞したことを明らかにしました。CDMは、アメリカ代表の情報セキュリティマガジンとして、北米地域のセキュリティ情報を主に扱っており、2016年RSA Conferenceのパートナー機関です。今回受賞したペンタセキュリティのWAPPLESは、「The Hot Company in Web Application Security for 2016(2016年Webセキュリティソリューション注目企業)」に選定されており、MyDiamoは「Editor’s Choice in Data Leakage Prevention for 2016(2016年データ漏えい防御編集者選定)で受賞しました。 授賞は、2月29日から3月4日にかけて、アメリカで開催された2016 RSA conferenceで行われました。

2013年から始まったCDM Awardsは、CISSP(国際公認情報システム専門家)、CEH(国際公認倫理的ハッカー資格証)を保有した専門家や国土安保省(DHS)の職員が審査することでその公信力を認められています。審査委員らは、約2ヵ月間候補製品の技術的なレベルや市場性を綿密に検討した上、授賞します。

ペンタセキュリティの受賞に対してCDMの編集長であるピエルルイジ・パガニーニは、「今まではアメリカのセキュリティ市場では韓国企業の技術力に対する先入観が存在していて、韓国企業の市場進出が難しかった。しかし、韓国企業であるペンタセキュリティは、今回のCDM Awardsの受賞を通じて技術的な優秀性を立証したため、今後、アメリカ内で高い技術力に基づいて、市場を拡大すれば、最高の情報セキュリティソリューションとして成長すると思う。」と言及しました。

今回のCDMアワードで受賞したWebアプリケーションファイアウォールのWAPPLESは、知能型探知エンジン(COCEP)を基盤にてレベルの高い技術力を認められ、昨年、アジア・パシフィック市場占有率1位を果たした製品です。また、クラウドWebアプリケーションファイアウォールソリューションであるWAPPLES CloudやCloudbric(クラウドブリック)は、既存のWAPPLESの性能をクラウド環境に最適化させて、差別化したクラウドセキュリティサービスを提供しています。これとともに、MyDiamoは、アメリカおよび日本で高い需要を見せているオープンソースデータベース暗号化ソリューションとしてMySQL、MariaDB、PerconaDBを支援するエンジンレベルの暗号化ソリューションです。2013年から現在まで2,000件以上のダウンロードを記録し、オープンソースデータベース暗号化の先頭走者として認められています。

一方、ペンタセキュリティの最高技術責任者であるDS Kimは、「アメリカは、全世界のハッキング事故の50%を占めるハッキング事故最多地域であるため、情報セキュリティに対して高い技術力を要求する国家である。」とし、「アメリカの代表情報セキュリティマガジンであるCDMのAwardsで受賞したことを通じて、市場参入の障壁が高いアメリカ市場でWAPPLESやMyDiamoの優秀な技術水準を認められたと思う。立証された技術力を基にして、現在、アメリカセキュリティ市場に最適化された製品を準備している状況でおり、今後北米市場進出を積極的に展開していく予定である。」と述べました。

WAPPLES

 

WAPPLESは, 世界各国170,000のWebサイトを保護している信頼のソリューションであり、ペンタセキュリティが独自開発し4ヶ国特許を取得した検知エンジンを搭載し、セキュリティ専門家に頼らなくても使える知能型WAFです。

 

 

製品に関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201

【コラム】 OSS(Open Source Software)データベースは安全なのか?

 

OSS(Open Source Software)データベースは安全なのか?

「オープンソース」は哲学であります。ソースコードに対する全てのユーザのアクセスを許可することで、自主参加や協力によって最高の技術を生み出すことができるという信頼です。それはまるでジョン・レノンの「Imagine」のように、存在そのものを超越したロマンチックな魅力を持っています。

「オープン・ソース・ソフトウェア(Open Source Software、以下OSSと言う)」は、従来当たり前とされてきた「クローズド・ソース・ソフトウェア(Closed Source Software、以下CSSと言う)」の私有独占ポリシーに対立する概念として、人々の純粋な善意を引き付ける力を持っています。人々はその哲学に共感し、開発や配布、修正の作業に積極的に参加します。ひいては、「イノベーション」とまでいいます。

 

OSSの定義及びメリット・デメリット

 

正確に言うと、「オープンソース」とは、ただ単に、ソースコードを公開するということだけを意味します。オープンソースを無料と認識している人も多いですが、それは「フリーウェア(Freeware)」とその意味が区別できないことから生まれた誤解です。

「オープンソース」とは、ソースをオープンすることであり、価格をオープンすることではありませんので、明白にライセンスポリシーを持っているソフトウェアであれば、導入時に費用が発生する場合もあります。ほとんどのOSSが無料でダウンロードできますが、あるOSSは、当該ソースを修正したソフトウェアも無料で配布することをポリシーとして厳しく求める場合もあります。したがって、企業が保有している知的財産権の管理ポリシーと使用しているOSSのライセンスポリシーが一致しているかを予め厳密に調査する必要があります。

OSS使用のメリットは明確です。まず、個人ユーザはほとんどのOSSを無料でダウンロードし使用できるため、学習用としてよく使われます。そのため、企業にとっては、人材確保が容易になり、システムの導入コストも削減できます。しかし、CSSに比べレファレンスの文書化が整っていないため、開発プロセスを遅らせる原因にもなっていますが、視点を変えれば、自らこまめに勉強しなければなりませんので、担当者の技術的力量が強化されるとも言えます。

また、同じ哲学の「オープンフォーマット」とプロトコルを主に使うため、異種ソフトウェア間の相互連動性が高いという特性がります。それは異種機器間の異種ネットワーク連携が強く求められるユビキタス時代、最近の用語としてはIoT時代に欠かせない要素として高く評価されています。そのため、MSウィンドウズ基盤のGUIに使い慣れている一般ユーザにとっては、少数のハードコア開発者の趣味であると軽視さることもあります。

そして、OSSでは、ダウンロードしてインストールするだけの導入手続きで必要な演算機能を適時適切に使用可能となるため、開発プロセスの柔軟性やアーキテクチャ構築の実効性が高くなります。多くの人々が自主的かつ積極的に開発に入り込むOSSならではの環境のおかげで、最新技術の速い適用や、課題と解決策を皆がともに共有していく形で運用される開発環境のため、CSSに比べ、技術の進歩が速いのも大きなメリットです。積極的なコミュニティによる迅速な問題解決も、その効果が明らかです。

それで最近は、OSSの使用理由の断然トップであった「コスト削減の効果」以外に、クラウド、モビリティなど第3のプラットフォームに対する開発の利便性や、ビックデータ、ソーシャル技術といった新技術に対する高い活用性を挙げる企業も増えています。新しいビジネスやサービスを生み出す際に、OSSの特長は確かにプラス効果をもたらします。

その反面、営利を追い求める会社で厳しいスケジュール下で開発されるのではなく、100%個人の参加意志によって開発が行われるため、CSSの提供する確実で具体的なロードマップは期待できないことがマイナス要素となっています。それは、常に熱く議論されている「OSSは安全なのか?」という問題と共に、企業がOSSの使用をためらう大きな理由でもあります。

 

OSSは安全なのか?

 

OSSの安全性問題に対しては、常に熱い論争が起きています。独占的ソフトウェアに比べ「安全である/安全ではない」という意見が鋭く対立しています。主観的な意見は排除し、客観的に事実だけを探ってみましょう。

OSSは、世界数多くの開発者が、直接開発および配布し、デバッギングに参加します。そのため、閉鎖的な組織の中で開発され独占的ソフトウェアに比べ、比較的安定的に動作します。しかし、そのようなOSSの信頼性と安定性は、非常に多くの開発者が積極的に参加する場合に限って確保できることなので、そのOSSの開発状況や評判を注意深く検討する必要があります。導入した後にはもう遅いですので、導入する前に長い時間をかけて十分に検討する必要があります。しかし、検討そのものがあまりにも長くなり、「早くて迅速な開発」というOSSの大きなメリットを活かせない場合もあります。

また、OSSは営利を追い求める独占的ソフトウェアに比べ、不確実で不明確なロードマップを持つ運命にあります。ある日、突然使用が停止されたり、アップデートが停止されたりする場合もあり、ライセンス関連の法的イシューが発生してポリシーが変更される場合もあります。そうなると、たとえ当該OSSが高い安全性を持っているとしても、そもそも何の意味もなかったことになってしまいます。

決定的にOSSは開発プロセスにおけるその特性のため、「破片」になる危険性があります。主要機能を整えると、公開され、それ以降、ユーザのそれぞれのフィードバックに断片的に対応していく過程の中で、一つ一つ仕様を積み重ね、全体仕様を整えていく場合が普通です。特に注目すべきなのは、アーキテクチャ全体を検討するプロセスは省略される場合が多いということです。問題が存在し、その解決策があるという状態のままで総合的な検討は不在な状態であるということです。それは「セキュリティ性」にかかわります。

OSSの各部分は大体安全です。各機能は最高のセキュリティ性を持っている技術、広く認められているセキュリティ標準などを受け入れている場合が多数です。問題が発生すれば、全世界の数多くの開発者が問題の解決に当たるため、それぞれの部分に限ってはほぼ完璧に安全だといえます。しかし、ソフトウェアの仕組から見ると、各部分が安全だからと言ってその全体が安全だとは言えません。それとこれとは全く違う問題であります。セキュリティ性の核心を一文章にまとめると、下記のように表現できます。

 

「鎖の強さはその環のいちばん弱いところどまり」

 

開発および配布環境のため、おおよそ破片的な方法で問題を解決するしかないOSSのセキュリティにおける最大のリスクは、上記のようにまとめられます。

セキュリティ性は、総合的な体系を通じてのみ、確保できます。

全体ICTシステムの各階層や各部分を縦横問わず全体的に検討し、総合的に完成するべきなのが「セキュリティの体系」です。他の企業や組織で使われているセキュリティ体系やセキュリティソリューションが自分の会社や組織では抜け穴ばかりなのもそのためです。

ただし、暗号化したデータと暗号化・復号の鍵まで持って行かれたら暗号化自体根本的に意味がなくなるため、暗号化をするなら、「鍵管理」を想定しないと行けない。

基本的に各部分は安全であり、システムが構築できたら、全体の体系やユーザシナリオからセキュリティ性を再度点検し、それを踏まえて設計すべきなのがセキュリティです。各機能が安全だからと言って、全体のセキュリティまで担保できるわけではありません。

OSSを利用してシステムを構成する場合にも、各構成を整えた最終の全体構成図を基に、セキュリティを設計および点検する必要があります。そうでなければ、OSSの自由度を積極的に活用すると同時に十分なセキュリティ性を確保することはできません。

 

OSSデータベースの暗号化

 

代表的なOSSである「MySQL」を見てみましょう。企業が使用するOSSの3割以上を占めるほど、圧倒的なシェアを誇ります。それでは、MySQLは安全なのでしょうか?

部分的には安全だと言えます。安全ではないところを探すのはかなり難しいです。それほど、全世界の無数の開発者がMySQLの問題解決に努力しているということです。データ暗号化のためのツールも多く、ほぼ全ての暗号化方法論をサポートしています。事実上、解決すべきことはやっています。

それでも再度言わせてもらいます。MySQLは安全なのでしょうか?

安全かもしれません。

MySQLにおける総合的な安全性を確保するため、MySQLに関わる全てのセキュリティ要素を総合的に検討し、適切な方法を採用して「セキュリティの体系」を構築するのであれば、安全です。性能も考慮しなければいけないので、MySQLデータベースをエンジンレベルで暗号化するシステムの構築も必要であり、場合によってはAESのような国際標準暗号アルゴリズムもサポートできるようにする必要があります。また、パスワード暗号化のためには一方向暗号化を、インデックスカラムのためには部分暗号化を、PCI-DSS準拠のためにはクレジットカード番号のマスキング機能など全てが行われていれば、安全であるといえます。

勿論、そうすれば問題はありません。できないことでもありません。しかし、それはデータベースのセキュリティ専門家の仕事です。その全てを直接しようとするなら、ただ無料のデータベースを手軽に早く安く利用したかっただけなのに、完璧な情報セキュリティ専門家にならなければいけないことになるわけです。それでも、チャレンジしてみますか?

真剣に受け止めて下さい。貴方は貴方の仕事をするべきです。その仕事に集中してください。つまり、データベースを使いたければ、データベースを使えばよいのです。データベースのセキュリティのためには、データベースのセキュリティソリューションを利用すればよいのです。

OSSであるため、専用のセキュリティソリューションがなくて仕方がない?そうではありません。探せばあります。

MyDiamo(マイ・ディアモ)

 

MyDiamoは、OSSデータベースのセキュリティ対策に応えた暗号化ソリューションであり、MySQLおよびMariaDBに特化したエンジンレベルのカラム単位の暗号化ソリューションです。エンジンレベルの暗号化より、セキュリティとパフォーマンスの両立を実現します。

 

 

製品に関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201