Posts

admin-ajax

クラウドブリック、株式会社SIGと販売代理店契約を締結

クラウドブリック、

株式会社SIGと販売代理店契約を締結

IoT・クラウド・ブロックチェーンセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳 貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、韓国本社、ヒューストン/米国法人) は、クラウド型WAF「クラウドブリック(Cloudbric)」の日本におけるビジネス強化に向けて株式会社 SIG(以下、 SIG)と販売代理店契約を2020年1月30日に締結した。

2000x1083FinalistsTrust-1024x554
2000x1083FinalistsTrust-1024x554

クラウドブリックは、Web攻撃を可視化・即遮断しWebサイトを安全に保護するクラウド型WAFサービスで、別途ソフトウェアをインストールする必要なく、DNS情報を変更するだけで利用が開始できる。企業単位で独立した専用WAFサービス環境を構築し、提供するため、各企業にあわせてカスタマイズされたセキュリティ運用ポリシーで管理できるエンタープライズ・セキュリティの完結版を実現している。

2015年のサービス開始以来、全世界15カ国23カ所のIDCを基盤にグローバルビジネスの展開を活発に進めている中、 日本国内導入実績は、5,500サイト(2019年12月現在)にのぼっているという。この件数は、最近2ヶ月の間で2,000サイト強増えていることから、Webセキュリティにおける日本国内のニーズの高さと、クラウドブリックのブランドへの信頼度向上が伺える。

クラウドブリックは、このように高まっている日本国内ニーズに対し、より密に応えるべく、企業の情報システム企画・開発を数多く手掛けており、インフラソリューションの販売・運用の実績を持つSIGと戦略的なパートナシップを締結した。SIGは、企業情報セキュリティに必要な様々なソリューションを多角度で提案できるラインナップを保有しており、クラウドブリックの取扱いをすることで、Webアプリケーション・セキュリティにおける提案商材を拡張し、既存ビジネスとの相乗効果をはかる。

ペンタセキュリティ日本法人代表取締役社長の陳 貞喜氏は、「セキュリティ人材が不足している中、高度なセキュリティを求めている日本企業にとっては、各企業に特化した、カスタマイズ・ポリシーで管理するクラウドブリックは、クラウド型サービスとして提供されることから生まれる、コストパフォーマンスの要素まで考慮すると、最適解になるだろう」とし、「クラウドブリックの持つセキュリティ技術とノウハウ、そしてSIGの持つ日本国内のネットワークと提案力の、両社の強みを活かしていくことで、日本市場では戦略的なビジネス展開とともに、新たな価値を創出できると確信している」と述べた。

 


製品に関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201

profile

ペンタセキュリティのクラウドブリック、Let’s Encryptと連携し無料SSL認証書提供

 

Cloudbric_Main

ペンタセキュリティのクラウドブリック、

Let’s Encryptと連携し無料SSL認証書提供

 

ドメイン登録だけでSSL認証書の無料導入が可能

データベース暗号化とWebセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社 (日本法人代表取締役社長 陳貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)のWebハッキング遮断サービスであるクラウドブリック(Cloudbric、www.cloudbric.jp/)が11月07日からLet’s Encryptとの連携を通じて、Webハッキング遮断サービスであるCloudbric®(クラウドブリック)から無料SSL認証書サービスを提供することになったことを明らかにしました。
Let’s Encryptは、オープンソースとして全てのWebサイトに暗号化通信を簡単に適用するという趣旨から始め、Mozilla、Cisco、Akamai、IdenTrustなどのグローバルIT企業がインターネット・セキュリティ・リサーチ・グループ(Internet Security Research Group、以下ISRG)を結成して始まったLet’s Encrypt Project(レッツ・エンクリプト・プロジェクト)を通じて登場したものです。Let’s Encryptで、煩わしいドメイン認証作業を減らして、SSL導入の障壁だった金額側の負担も減らして、誰にでもHTTPSプロトコルを使用して安全にウェブを利用することができるようになりました。

Let’s Encryptにより、SSL認証書の発行及び導入が以前に比べてとても容易になりましたが、ウェブサーバそれぞれの設置環境に合うソフトウェアをダウンロードし、コマンドを入力するなどの手続きをしなければならないため、専門家でなければ相変わらず設置上の困難が存在しました。このような煩わしさを減らすため、利用者がより容易に無料SSL認証書を導入できるようにペンタセキュリティのWebハッキング遮断サービスCloudbric®(クラウドブリック)がLet’s Encryptと連携し、利用者にLet’s Encryptを提供することにしたものです。

 

クラウドブリックは、ITに関する知識がない利用者も簡単に利用できるクラウド基盤のWebハッキング遮断サービスで、WebアプリケーションファイアウォールおよびDDoS防除機能を提供してきました。今回、Let’s Encryptと連携して、複雑なソフトウェアの設置手続きを省略して、 Cloudbric®(クラウドブリック)に利用者がドメイン情報とDNS情報を登録するだけで、無料SSL認証書をWebサイトに導入することができるようになりました。

ペンタセキュリティのCTOのDSKimは、「ウェブサイトを運営する利用者であれば、誰でもセキュリティサービスを簡単に利用できるようにするためにラウドブリックを開発したことと同じく、Let’s Encryptプロジェクトが誰もが高いセキュリティ性を提供してもらうようにするために始まったプロジェクトなので、趣旨が一致していると考えて連携を通じるサービス提供を企画した。」とし、「簡単に適用できるというクラウドブリックの特長を維持しながらも、安全なウェブサイト運営に必要なセキュリティサービスを全て提供できるように追加的なサービスの供給に全力を尽くす予定だ。」と言及しました。

Cloudbric(クラウドブリック) 

WebサイトとドメインがあればWebサイトプラットフォームにかかわらず誰でも利用できます。単にDNSを変更するだけで、わずか5分以内でクラウドブリックを適用することができます。設置や維持のためにハードウェア、ソフトウェアは必要なく、現在のホスティングプロバイダを維持できます。クラウドブリックはいつでも簡単に設定を解除できます。

 

製品に関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201

profile

ペンタセキュリティのクラウドブリック、米国NCSAMチャンピオンに2年連続選定

 

 

ペンタセキュリティのクラウドブリック、

米国NCSAMチャンピオンに2年連続選定

 

「国際サイバーセキュリティ認識向上月間(NCSAM)」キャンペーンを通じて情報セキュリティ大衆化をリード

データベース暗号化とWebセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社 (日本法人代表取締役社長 陳貞喜、http://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)のWebハッキング遮断サービスであるクラウドブリック(Cloudbric、http://www.cloudbric.jp/)が10月11日、去年に続き2年連続で米国の「国家サイバーセキュリティ意識向上月間(National Cyber Security Awareness Month, NCSAM)」でセキュリティサービス部門のチャンピオン企業として選定され、広報大使の役割を果たすことを明らかにしました。
米国は、2004年から10月を「国家サイバーセキュリティー意識向上月間(National Cyber Security Awareness Month、以下NCSAM)」として記念しています。NCSAMは、米国の国家サイバーセキュリティ協議会(NCSA:National Cyber Security Alliance)と国土安全保障省(Department of Homeland Security)が主催するキャンペーンであり、情報資産を保護することが国家安保の優先になるという認識を高めるために始まりました。このキャンペーンを通じて、国際的に情報セキュリティの重要性を知らせて、セキュリティ事故発生の際、国家のリスク管理能力を培うことを目指としています。

特に、今年のテーマは「Our Shared Responsibility」であり、全世界が繋がっている「Connected world」になっているだけに、IoT、クラウドの導入が拡大されていて、私企業・教育機関・政府機関などのチャンピオンが協力し、セキュリティの重要性を強調し、企業と個人のセキュリティ義務を想起させるメッセージを伝播する予定です。

クラウドブリックは、昨年グローバル市場で初披露された簡単で賢いWebハッキング遮断サービスとして、Webアプリケーションファイアウォールだけでなく、DDoS防御、SSLなどのウェブサイトの保護に必要な機能を全て提供しながら、ITに関する知識がなくても簡単に適用できるという点が高く評価されたため、昨年に続き、2年連続で唯一なクラウドWebアプリケーションファイアウォールソリューションとしてNCSAMの広報大使に選定されました。クラウドブリックは、今後大手企業のセキュリティ担当者だけでなく、一般人・個人事業者も簡単にセキュリティ事故を防止できるようにSNSを通じて「簡単に学ぶセキュリティノウハウ」とセキュリティコラムを共有しながら、広報大使の役割を担う予定を明らかにしました。

ペンタセキュリティのCTOのDSKimは、「2年連続NCSAMのチャンピオンとして選定され、グローバルサービスとしての地位を認められたようでとても嬉しい。」とし、「情報セキュリティの義務は、企業だけでなく我々が一緒に認知していなければならない文化の一つだと思うので、NCSAMの「Our Shared Responsibility」という趣旨にとても共感し、簡単かつ充実したコンテンツを通じてセキュリティ分野に対する感心をさらに高めることに貢献したい。」と言及しました。

Cloudbric(クラウドブリック) 

WebサイトとドメインがあればWebサイトプラットフォームにかかわらず誰でも利用できます。単にDNSを変更するだけで、わずか5分以内でクラウドブリックを適用することができます。設置や維持のためにハードウェア、ソフトウェアは必要なく、現在のホスティングプロバイダを維持できます。クラウドブリックはいつでも簡単に設定を解除できます。

 

 

製品に関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201