Posts

ペンタセキュリティのWAPPLES・MyDiamo、2016 CDM Awardsで受賞

ペンタセキュリティのWAPPLES・MyDiamo、2016 CDM Awardsで受賞

参入障壁の高いアメリカ市場で技術的に認められ

暗号プラットフォームとWebセキュリティ企業のペンタセキュリティシステムズ (日本法人代表取締役社長 陳貞喜、www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)が3月2日、WebアプリケーションファイアウォールのWAPPLES(ワッフル)とオープンソース暗号化ソリューションのMyDiamo(マイディアモ)がCDM(Cyber Defense Magazine)Awardsで受賞したことを明らかにしました。CDMは、アメリカ代表の情報セキュリティマガジンとして、北米地域のセキュリティ情報を主に扱っており、2016年RSA Conferenceのパートナー機関です。今回受賞したペンタセキュリティのWAPPLESは、「The Hot Company in Web Application Security for 2016(2016年Webセキュリティソリューション注目企業)」に選定されており、MyDiamoは「Editor’s Choice in Data Leakage Prevention for 2016(2016年データ漏えい防御編集者選定)で受賞しました。 授賞は、2月29日から3月4日にかけて、アメリカで開催された2016 RSA conferenceで行われました。

2013年から始まったCDM Awardsは、CISSP(国際公認情報システム専門家)、CEH(国際公認倫理的ハッカー資格証)を保有した専門家や国土安保省(DHS)の職員が審査することでその公信力を認められています。審査委員らは、約2ヵ月間候補製品の技術的なレベルや市場性を綿密に検討した上、授賞します。

ペンタセキュリティの受賞に対してCDMの編集長であるピエルルイジ・パガニーニは、「今まではアメリカのセキュリティ市場では韓国企業の技術力に対する先入観が存在していて、韓国企業の市場進出が難しかった。しかし、韓国企業であるペンタセキュリティは、今回のCDM Awardsの受賞を通じて技術的な優秀性を立証したため、今後、アメリカ内で高い技術力に基づいて、市場を拡大すれば、最高の情報セキュリティソリューションとして成長すると思う。」と言及しました。

今回のCDMアワードで受賞したWebアプリケーションファイアウォールのWAPPLESは、知能型探知エンジン(COCEP)を基盤にてレベルの高い技術力を認められ、昨年、アジア・パシフィック市場占有率1位を果たした製品です。また、クラウドWebアプリケーションファイアウォールソリューションであるWAPPLES CloudやCloudbric(クラウドブリック)は、既存のWAPPLESの性能をクラウド環境に最適化させて、差別化したクラウドセキュリティサービスを提供しています。これとともに、MyDiamoは、アメリカおよび日本で高い需要を見せているオープンソースデータベース暗号化ソリューションとしてMySQL、MariaDB、PerconaDBを支援するエンジンレベルの暗号化ソリューションです。2013年から現在まで2,000件以上のダウンロードを記録し、オープンソースデータベース暗号化の先頭走者として認められています。

一方、ペンタセキュリティの最高技術責任者であるDS Kimは、「アメリカは、全世界のハッキング事故の50%を占めるハッキング事故最多地域であるため、情報セキュリティに対して高い技術力を要求する国家である。」とし、「アメリカの代表情報セキュリティマガジンであるCDMのAwardsで受賞したことを通じて、市場参入の障壁が高いアメリカ市場でWAPPLESやMyDiamoの優秀な技術水準を認められたと思う。立証された技術力を基にして、現在、アメリカセキュリティ市場に最適化された製品を準備している状況でおり、今後北米市場進出を積極的に展開していく予定である。」と述べました。

WAPPLES

 

WAPPLESは, 世界各国170,000のWebサイトを保護している信頼のソリューションであり、ペンタセキュリティが独自開発し4ヶ国特許を取得した検知エンジンを搭載し、セキュリティ専門家に頼らなくても使える知能型WAFです。

 

 

製品に関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201

ペンタセキュリティ、ビジネス向けのクラウドWebアプリケーションファイアウォール「WAPPLES Cloud」をリリース

ペンタセキュリティ、ビジネス向けのクラウドWebアプリケーションファイアウォール「WAPPLES Cloud」をリリース

既存のWAPPLES V-Seriesを統合し、クラウド事業者向けのソリューション発売
暗号プラットフォームとWebセキュリティグローバル企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社 (日本法人代表取締役社長 陳貞喜、www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)は、クラウド事業者のためのWebアプリケーションファイアウォールである「WAPPLES Cloud(ワッフルクラウド)」を1月27日発売したことを明らかにしました。韓国では昨年の9月、「クラウドコンピューティングの発展及び利用者保護に関する法律(以下、クラウド発展法)」が制定され、企業や公共機関におけるクラウドサービス使用率が急速に高まることと同時に、クラウドセキュリティに関する関心も急増しています。2011年、業界初となるクラウド専用のWebアプリケーションファイアウォールであるWAPPLES V-Series(ワッフルブイシリーズ)を発売したペンタセキュリティは、韓国最大のクラウドサービスであるKTのuCloud、日本ソフトバンクのWhiteCloudおよびDSRのStarCloudなどとパートナーシップを結び、クラウドWebアプリケーションファイアウォールサービスを提供してきており、昨年は韓国の政府機関で使用するG-クラウドに適用が可能なWeb API(Application Programming Interface)を提供するなど、大規模なクラウドWebアプリケーションファイアウォールサービスを着実に進行してきました。

今回披露するWAPPLES Cloudは、既存のWAPPLES V-Seriesを利用することができるスタンダードエディション(Standard Edition)と多様なクラウドおよびエンタープライズ環境に適合する拡張バージョンであるビジネスエディション(Business Edition)で構成されています。特に、新たに披露するビジネスエディションはPublic Cloudだけでなく、Private Cloudを構成し、対顧客のWebアプリケーションファイアウォールサービスを展開できるサービスモデルやアーキテクチャを提供します。 大量のトラフィック処理および運営のために、負荷分散、Auto Scaling、そして対顧客向けの統合管理システムなども備えており、Webアプリケーションファイアウォールを利用してビジネスを展開しようとする事業者に対しカスタマイズしたWebセキュリティソリューションを提供するというわけです。

ペンタセキュリティの最高技術責任者であるDS Kimは「クラウドセキュリティに対する要求が高まっている中で、クラウド事業者が安心して対顧客サービスを運用できるようにするためにWAPPLES Cloudをリリースすることになった」とし、「Webハッキング遮断サービスであるクラウドブリック(Cloudbric)とともに、ペンタセキュリティのクラウドセキュリティ戦略がクラウド提供者やWebを利用してビジネスを行う事業者にも提供できるチャンスになり、相乗効果を生み出すと期待される。」と述べました。

WAPPLES

 

WAPPLESは, 世界各国170,000のWebサイトを保護している信頼のソリューションであり、ペンタセキュリティが独自開発し4ヶ国特許を取得した検知エンジンを搭載し、セキュリティ専門家に頼らなくても使える知能型WAFです。

 

 

製品に関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201

 

ペンタセキュリティのクラウドブリック、グローバルスタートアップをサポート

欧州最大の起業支援機関「スタートアップブートキャンプ」に

Webセキュリティサービスを提供

データベース暗号化とWebセキュリティの専門企業ペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳貞喜、www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ)のクラウド基盤のWebセキュリティサービスであるクラウドブリック(Cloudbric)が12月1日から欧州のスタートアップアクセラレーターである「スタートアップブートキャンプ(Startup Bootcamp)」のスタートアップ向けのインキュベーションにセキュリティサービスをサポートすることを明らかにしました。

スタートアップブートキャンプは、デンマーク・コペンハーゲンに本部がある欧州最大の起業支援機関として、スタートアップアクセラレータープログラムを提供しています。現在、欧州にある7つの都市で活発な活動を展開しており、これまで全世界で165のスタートアップを養成しました。当機関はICTとモバイルに特化したアクセラレータープログラムを通じて、アイデアが集約されたサービス業中心の起業支援に乗り出していますが、初期段階の企業をベンチャー段階にまで成長させる過程で業界専門家からのアドバイス、法律諮問や財務知識の教育、ホスティングサービスなど、ビジネスに必要な様々なインキュベーションプログラムを提供しています。

今年からは該当プログラムに「情報セキュリティサービス」を新たに追加しましたが、これはスタートアップ業界でもWebを介して行われる情報の流出に積極的に対応していることを意味します。特にICT関連のスタートアップは多種のデータベースを扱っているため、セキュリティの脆弱性が成長における最大の壁となっています。しかし、限定された資本金や小規模のWebサービスであるため、導入および運用に高コストがかかるセキュリティ対策を検討すること自体、困難であることが実情です。

スタートアップブートキャンプでは、ペンタセキュリティのクラウドブリックと連携することにより、このような状況に打開策を提案できるようになりました。
クラウドブリックは、今年1月15日にグローバル市場にリリースしたクラウド基盤のWebアプリケーションファイアウォールサービス(http://www.cloudbric.jp)として、サイトに登録し設定を変更するだけでペンタセキュリティの代表的なWebアプリケーションファイアウォール製品であるWAPPLESレベルの強力なWebセキュリティサービスをいただけます。また、セキュリティやITに関する知識がなくても、Webサイトが受けている攻撃情報を直感的なダッシュボードを通じで一目で確認できます。クラウドブリックは、これから1年間スタートアップブートキャンプに所属されている各スタートアップに約$1,788相当のセキュリティサービスを提供します。

ペンタセキュリティにおけるクラウドブリックビジネスの統括責任者であるCTOのDS Kimは、「クラウドブリックがペンタセキュリティの社内ベンチャーを通じて成長した事業であるだけに、世界各地の優れたスタートアップをサポートしながらクラウドブリックのサービスや企画などに対し新しい刺激を受けています。」と言い、「これからもICTスタートアップを積極的にサポートし続け、ICT生態系を活性化させ、将来情報セキュリティの大衆化をリードする企業になりますと」と述べました。
当該価格は、「スタートアップブートキャンプ」に所属された企業のみを対象としたイベント価格でございます。
日本国内の価格ポリシー等詳細は、japan@pentasecurity.comまでお問い合わせください。

Cloudbric(クラウドブリック)

WebサイトとドメインがあればWebサイトプラットフォームにかかわらず誰でも利用できます。単にDNSを変更するだけで、わずか5分以内でクラウドブリックを適用することができます。設置や維持のためにハードウェア、ソフトウェアは必要なく、現在のホスティングプロバイダを維持できます。クラウドブリックはいつでも簡単に設定を解除できます。

 

 

Cloudbricに関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201

 

 

ペンタセキュリティのクラウドブリック、米国のNCSAMチャンピオンに選定

「全米サイバーセキュリティ意識向上月間(NCSAM)」キャンペーンで
Cloudbricが情報セキュリティの大衆化をリード

データベース暗号化とWebセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳貞喜、 www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ)は、当社が提供しているクラウドベースセキュリティサービス(SECaaS)のCloudbric(クラウドブリック、www.cloudbric.jp)が米国の「全米サイバーセキュリティ意識向上月間(National Cyber Security Awareness Month, 以下NCSAM)で、セキュリティサービス部門におけるチャンピオン企業に選定され、広報大使の役割を果たすことを明らかにしました。

米国では、2004年以来10月を「全米サイバーセキュリティ意識向上月間(National Cyber Security Awareness Month, 以下NCSAM)」と指定して記念しています。NCSAMは、米国の国家サイバーセキュリティ協会(NCSA:National Cyber Security Alliance)と国土安全保障省(DHS)が主催するキャンペーンであり、国の安全保障には情報資産の保護が第一という認識を高めるために始まりました。世界的に情報セキュリティの重要性を認識させ、セキュリティ事件が発生した場合に備え、国のリスク管理能力を培うことを目指しています。NCSAMから今年のチャンピオン企業と選ばれた企業は、シスコ、シマンテック、ツイッター、IBMなど、世界約300社です。

Cloudbricは今年1月にアメリカをはじめ、日本、韓国にリリースしたクラウド型Webセキュリティサービスで、会員登録し設定を変更するだけで強力なセキュリティサービスを提供いただけます。セキュリティおよびITに対する知識がなくても簡単にインストールして利用できるため、セキュリティの大衆化とういうNCSAMの趣旨にもあっていることから、広報大使としての役割を担うことも期待されています。Cloudbricは今後、一般人向けにセキュリティに対する理解を深める面白くて易しいコンテンツを生成し、NCSAMと公式的なキャンペンを行ることになります。コンテンツは、「低価格なセキュリティソリューションの紹介、数字で見るSMBとサイバーセキュリティ、 絵で学ぶセキュリティ」などをテーマにインフォグラフィックやカラムなどの形で製作する予定です。

ペンタセキュリティにおけるCloudbricビジネスの総責任者であるCTOのDS Kimは、「NCSAMの広報大使活動をきっかけにCloudbricに対する需要の高いアメリカ市場をより積極的に攻略し、アメリカ全域にわたって製品を広報できるチャンスを捉えたと思います。 」とし、「併せてサイバーセキュリティに対する認識向上というNCSAMの趣旨にも応えて、大衆が理解しやすく楽しいと思えるコンテンツでアメリカをはじめ全世界の人を対象にセキュリティ認識を変化していきます。」と述べました。
「Cloudbric(クラウドブリック)」はこちらからお試しできます。

Cloudbricに関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201

 

 

ペンタセキュリティシステムズ、クラウド型WAFサービス Cloudbricを開始

ペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本支社:東京都新宿区四谷四丁目3-20 いちご四谷四丁目ビル3F)は、WAF(Webアプリケーションファイアウォール)の大衆化を目指し、クラウド環境におけるユーザ体験型WAFサービス、「Cloudbric(クラウドブリック)」の日本サービスを3月20日より開始致します。Cloudbricは、ペンタセキュリティ独自の論理演算検知エンジン(COCEP:COntents Classification and Evaluation Processing)搭載のWAPPLESを基に開発されたSaaS(Software as a Servic)型Webセキュリティサービスです。Cloudbricは、Web攻撃や情報漏洩を恐れながらも、高価でインストールが難しいということなどから導入できなかった個人や中小零細企業を主なターゲットに、リーズナブルな価格で、簡単に導入できる強力なWAFサービスを提供致します。
Cloudbricにより、貴社のWebサイトがいつ、どこから、どのような攻撃を受けたのか、一目で確認できます。もうWeb攻撃は、政府、官公庁レベルなどの問題ではありません。 IT技術の発達に伴って、その攻撃パターンも多様化しており、貴社のWebサイトも標的になるかもしれません。情報漏洩やWebサイト改ざん、Webサービス中止といった被害の当事者になり得るということです。そこで、ペンタセキュリティシステムズは、より多くのお客様のWebサイトを安全に守るために、容易に導入でき、無料で試してからリーズナブルな価格で強力なWAFサービスが利用できる「Cloudbric(クラウドブリック)」サービスの開始に至ったわけです。
より多くのお客様の安全を守る、それこそがペンタセキュリティシステムズが目指す「Trust For Open Society」の実現にもつながります。
今すぐ、貴社のWebサイトは安全なのか、攻撃記録を確認してみませんか。「Cloudbric(クラウドブリック)」はこちらからお試しできます。 

Cloudbricに関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201