Posts

profile

「2018年08月号」ハッカーはどんな企業をターゲットにするのか? 最もハッキングされやすい産業は何?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■   ペンタセキュリティシステムズ メールマガジン 2018/08/29    ■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【01】【月間レポート】 最新Web脆弱性トレンドレポート2018年05月号公開
【02】【ペンタソリューション】 最もハッキングに脆弱な産業は?
【03】【ペンタオリジナル】 中小企業がよくするウェブセキュリティに対する誤解
【04】【コラム】 変化する未来自動車の5つの要素:最終回

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【01】【月間レポート】 最新Web脆弱性トレンドレポート2018年05月号公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ペンタセキュリティが毎月(年12回)提供しているExploit-DBのWeb脆弱性項目をもとにしたトレンド

レポートです。本レポートは、世界的に幅広く参考している脆弱性関連のオープン情報であるExploit-DB

より公開されているWeb脆弱性について、ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータセキュリティ

チームの専門的知識と経験を活かし作成されています。

 

【概要】

 

2018年5月に公開されたExploit‐DBの脆弱性報告件数は、95件でした。そして、最も多い脆弱性が公開

された攻撃はSQLインジェクション(SQL Injection)です。特に、EasyService Billing, MySQL Blob

Uploaderから各5個の脆弱性が公開されました。

ここで、注目すべき脆弱性は、”EasyService Billing”と”MySQL Blob Uploader”脆弱性です。当脆弱性は、

SQLインジェクション(SQL Injection)とクロスサイトスクリプティング(Cross Site Scripting)が

複合的に修行されるMultiple Vulnerabilitiesです。

 

当脆弱性を予防するためには最新パッチやセキュアコーディングがお薦めです。しかし、完璧なセキュア

コーディングが不可能なため、持続的なセキュリティのためにはウェブアプリケーションファイア

ウォールを活用した深層防御(Defense indepth)の具現を考慮しなければなりません。

 

>> 最新Web脆弱性トレンドレポート2018年05月号まとめはこちら

https://bit.ly/2Mp34Xw

 

>> 最新Web脆弱性トレンドレポート2018年05月号レポート全文ダウンロードこちら

https://bit.ly/2MFaAwQ

 

**次回のWeb脆弱性トレンドレポートは四半期ごとに提供されます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【02】【ペンタソリューション】 最もハッキングに脆弱な産業は?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

最近、多様な産業がハッキングで被害を受けています。ニュースを見ると、病院・大学・会社・銀行など、

その分野も様々です。

昨年行われたアンケート結果によると、企業のCSOとセキュリティ担当者は、金融産業が情報セキュリティ

に最も気を使わなければならない産業と答えています。これは明白な事実です。今までの調査によると、

金融事業が他の産業群に比べ、サイバー攻撃の回数が多かったです。金融産業は、ハッカーたちには

かなり良いターゲットです。

しかし、それとして金融産業群に含まれない産業群や中小企業がハッカーのターゲットではないと油断

してはいけません。

 

今回は、果たしてハッカーたちがどのような方法でハッキング戦略を立ててハッキングをするのか、また

ハッキングに最も脆弱な産業は何なのかをご解説いたします。

 

さらに詳しい内容は、コラム全文をご参考ください。

 

>> 「最もハッキングに脆弱な産業は?」全文はこちら

https://bit.ly/2KuzYQL

 

※ ペンタソリューションを他のコラムはこちらから確認できます。

 

▶「未来IT技術の基盤、ブロックチェーン」全文はこちら

https://bit.ly/2L1cYOf

 

▶ペンタソリューションのコンテンツリストはこちら

https://bit.ly/2Na9ar0

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【03】【ペンタオリジナル】 中小企業がよくするウェブセキュリティに対する誤解
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ここ数年間、有名会社たちがハッキングされたことがニュースに連日報道され、企業の不安感が高まって

います。問題は、私たちがこのようなハッキングが大手企業などの規模が大きくて安定的な会社で起きた

話だけを聴いているため、ハッカーが中小企業を狙うはずがないと信じていることです。

 

しかし、これは非常に大きな勘違いです。

米事業者の中で中小企業の割合は8割ほどで、約2,800万社の中小企業が存在します。中小企業は、会計・

マーケティング・運営管理などをすべて自分でしなければなりません。最近は、約54%以上の企業が直接

ウェブサイトの構築及び管理までしています。多くの事業が次第にオンライン化していき、10年前には

考えもしなかったSNSや広告、SEO、オンライン評価、ウェブサイトのデザインと管理などの数多くの

ものを直接管理しなければならないのです。

 

既に多くの課題を持っている中小企業の運営者たちにウェブセキュリティ、データセキュリティなどを

期待するのは、もしかしたら無理かもしれません。 結果的に、米国の中小企業の中で約8割が公式的に

ウェブセキュリティシステムを構築していないと答えました。

 

大手企業は巨大なセキュリティシステムを計画し、多くの開発者とセキュリティ担当者を通じて、ウェブ

サイトの脆弱性を簡単かつ早く見つけることができます。しかし、中小企業にとってはとても難しいこと

です。そのため、ハッカーたちは世界的に有名な企業を攻撃する代わり、中小企業を狙うのです。

 

大手企業のみが攻撃を受けたものだという誤解だけでなく、中小企業がウェブセキュリティについてして

いる誤解はさらにあります。今回は、その誤解について調べてみます。

 

さらに詳しい内容は、コラム全文をご参考ください。

 

>> 「中小企業がよくするウェブセキュリティに対する誤解」全文はこちら

http://bitly.com/2MH6DnW

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【04】【コラム】 変化する未来自動車の5つの要素:最終回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【概要】

モノのインターネットやクラウドのような言葉が日常的な用語となり、技術系で働かない人々にももう

不慣れでない。近年では、様々な分野で第4次産業革命を言及しながら、社会全般にわたって大きな変化

と革新を持って来るはずだと期待している。

第4次産業革命時代を迎え、様々な産業分野で変化が起きている。その中でも、代表的なのは「モノの

インターネット」と「クラウド」で、その中でもモノのインターネットを導く自動車が注目を浴びている。

このコラムでは、宇宙、または空間を意味する「SPACE」をセキュリティ(Security)、プラットフォーム

(Platform)、自律走行(Autonomous)、連結性(Connectivity)、電化(Electrification) の 5つの単語

の組み合わせで定義し、ネットワークと繋がり、変化していく未来自動車の様子を詳しく説明する。

 

【目次】

第1回

・SPACEとは?

・電化(Electrification)

 

第2回

・連結性(Connectivity)

・自律走行(Autonomous Driving)

 

第3回

・プラットフォーム(Platform)

・セキュリティ(Security)

 

>>「変化する未来自動車の5つの要素:第1回」全文はこちら

https://bit.ly/2uGZhdp

 

>>「変化する未来自動車の5つの要素:第2回」全文はこちら

https://bit.ly/2NEwMUL

 

>>「変化する未来自動車の5つの要素:最終回」全文はこちら

https://bit.ly/2OTiMHk

 

>>「SPACE:変化する未来自動車の5つの要素」ホワイトペーパーのダウンロードはこちら

https://bit.ly/2PsQQLl(2MB/PDF)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 製品・パートナシップに関するお問い合わせ
ペンタセキュリティシステムズ株式会社 日本法人
Tel:03-5361-8201 / E-mail: japan@pentasecurity.com

 

■ 本件に関するお問い合わせ
ペンタセキュリティシステムズ株式会社
Tel:03-5361-8201 / E-mail: mkt1@pentasecurity.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

profile

「2018年04月号」暗号通貨を最も安全に保護する方法は何?クレジットカード情報から教育業界の情報まで全ての情報はハッカーのターゲット!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■   ペンタセキュリティシステムズ メールマガジン 2018/04/27    ■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【01】【プレスリリース】 暗号通貨ウォレット「ペンタ・クリプトウォレット」発売を発表
【02】【プレスリリース】 クラウドブリック、「IP評価サービス・ウェブ脆弱性情報DB・WAF性能

評価ツール」3種のサービスを提供開始
【03】【月間レポート】 最新Web脆弱性トレンドレポート2018年03月号公開
【04】【ペンタソリューション】 PCI DSSの完璧な準拠のためのデータ暗号化とサイバーセキュリティ
【05】【コラム】 教育情報セキュリティポリシーに関するガイドラインに対応しなければならない理由
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【01】【プレスリリース】 暗号通貨ウォレット「ペンタ・クリプトウォレット」発売を発表

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今年の1月、日本最大の暗号通貨取引所の「コインチェック」で史上最大規模のハッキング事故が発生し、

約580億円の暗号通貨が盗難される事件がありました。当取引所では、いわゆる「ホットウォレット」に

暗号通貨を保管していましたが、コインチェックではこの「ホットウォレット」用の個人鍵が奪取され、

コインチェックのNEM(ニュー・エコノミー・ムーブメント)の口座から約580億円のNEMが流出されたと

説明しました。この事件により、ホットウォレットより安全性が保障されるコールドウォレットが注目を

集めている中、ペンタセキュリティで暗号通貨ウォレットの「ペンタ・クリプトウォレット(Penta Crypto

Wallet)」を新たに発売しました。
ペンタ・クリプトウォレット(Penta CryptoWallet)は、暗号通貨取引のための鍵生成から取引プロセス全般

にわたってEnd-to-Endセキュリティを具現して、既存の暗号通貨セキュリティが持っていた脆弱性問題を

解消するための暗号通貨セキュリティ・トータルソリューションとして、6月から公式発売を予定しており、

現在はCBT(Closed Beta Test)を実施しています。

 

より詳しい内容は、プレスリリース全文をご確認ください。

 

>> 「暗号通貨ウォレット「ペンタ・クリプトウォレット」発売を発表」プレスリリース全文はこちら
https://bit.ly/2qLTssc

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【02】【プレスリリース】 クラウドブリック、「IP評価サービス・ウェブ脆弱性情報DB・WAF性能

評価ツール」3種のサービスを提供開始 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

クラウド基盤のウェブセキュリティサービス提供会社クラウドブリックが「IP評価サービス・ウェブ脆弱

性情報データベース・ウェブアプリケーションファイアウォールの性能評価ツール」の各種のウェブセキュ

リティリソースを無償提供するCloudbric Labsサービスを日本で新たに提供開始いたしました。
クラウドブリックは、別途ソフトウェアのインストールなしで、DNS変更だけでサービス利用が可能なクラ

ウド型WAFとして、独自開発した論理基盤検知エンジンを活用し、ID奪取を狙ったサイバー攻撃及びDDoS

攻撃を検知し、保護するウェブサイトセキュリティソリューションです。
今回提供を開始するCloudbric Labsサービスを通じて、Cybersecurity Insidersが主催する2018Cybersecurity

Excellence Awardsで「今年のサイバーセキュリティプロジェクトでアジア・パシフィック(Cybersecurity

Project of the Year-Asia/Pacific)部門を受賞しました。

 

サービスの詳しい情報は、下記のプレスリリースをご参考ください。

 

>> 「クラウドブリック、“IP評価サービス・ウェブ脆弱性情報DB・WAF性能評価ツール”3種サービス

提供開始」プレスリリース全文はこちら

https://bit.ly/2Hzrw5n
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【03】【月間レポート】 最新Web脆弱性トレンドレポート2018年03月号公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ペンタセキュリティが毎月(年12回)提供しているExploit-DBのWeb脆弱性項目をもとにした トレンド

レポートです。本レポートは、世界的に幅広く参考している脆弱性関連のオープン情報であるExploit-DB

より公開されているWeb脆弱性について、ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータセキュリティ

チームの専門的知識と経験を活かし作成されています。

【概要】

2018年3月に公開されたExploit‐DBの脆弱性報告件数は、26件でした。この中で最も多くの脆弱性が公開

された攻撃は、SQL Injection(SQLインジェクション)です。特に、Joomla Componentで51つの脆弱性が

公開されました。注目すべきことは””ClipBucket < 4.0.0 – Release 4902″”脆弱性です。当脆弱性は、それ

ぞれCommand Injection, File Upload, SQL Injection脆弱性を利用して攻撃が行なわれました。このように

様々な脆弱性を利用した攻撃に対しては注意する必要があります。
当脆弱性を予防するためには、最新パッチとセキュアコーディングをおすすめします。しかし、完璧な

セキュアコーディングは不可能であり、持続的にセキュリティを維持するためにはウェブアプリケーシ

ョンファイアウォールを活用した深層防御(Defense indepth)実装を考慮しなければなりません。

 

>> 最新Web脆弱性トレンドレポート3月号まとめはこちら

https://bit.ly/2HhWQ51

>> 最新Web脆弱性トレンドレポート(PDF)ダウンロードはこちら
https://bit.ly/2vAWENb (PDF / 869kb)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【04】【ペンタソリューション】 PCI DSSの完璧な準拠のためのデータ暗号化とサイバーセキュリティ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【概要】
PCI DSSという言葉、聞いたことがありますか?クレジットカード取引が増えることによってサイバー攻撃

を通じて違法にクレジットカード情報を取得し、これを悪用する事件が相次いで発生しています。このよう

なカード情報流出を防ぐために「クレジットカード情報を取り扱うためのセキュリティ標準」がまさに

PCI DSSです。
最近、ECサイトなどのインターネットと電子商取引を通じた取引が増えながら、自然に決済のためのカード

情報などの個人情報をインターネット上に登録することが増えています。しかし、問題は、このような

サイトがハッカーによって攻撃を受け、サイトに保存されていた顧客の個人情報が流出される事件も徐々に

増えているということです。
それで、今回はPCI DSSについて調べて、PCI DSSを準拠するために不可欠な2つの方法、データ暗号化と

サイバーセキュリティについて詳しく調べます。また、日本のPCI DSS準拠のためのガイドラインについ

ても解説いたします。

 

>>「PCI DSSの完璧な準拠のためのデータ暗号化とサイバーセキュリティ」全文はこちら
https://bit.ly/2F1Yt53

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【05】【コラム】 教育情報セキュリティポリシーに関するガイドラインに対応しなければならない理由
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【概要】
2016年7月、文部科学省では「教育情報セキュリティのための緊急提言」を公表し、公務系や学習システム

の分離など、8項目の情報セキュリティ対策を設けることを促しました。そして、約1年後の2017年10月には

「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」が公表されました。

今までニュースポータルのメインを飾ったサイバー攻撃とこれに対する被害事例をみると、2017年米国の

信用情報会社エクイファックスからアメリカ全体人口の40%の個人情報が流出された事件や日本最大の

暗号通貨取引所のコインチェックが不正アクセスを受け、約580億円を盗まれたことなどの金融業界で起き

た事件が殆どでした。それで、教育業界において情報セキュリティの必要性に対しては認知していなかった

かもしれませんが、実は、教育業界もハッカーたちの目標としてよく狙われる市場です。
2016年佐賀県教育委員会の不正アクセス事件や大阪大学の情報流出事件などが続けて発生しながら、教育

業界も狙われる可能性があるという認識が生じているが、なぜ狙われるか、またどのような情報が狙われる

かについてはまだよくわからない方々もいるはずです。
果たして、なぜハッカーは教育関連の情報を狙うのでしょうか。そして教育機関で教育情報のセキュリティ

政策ガイドラインに従って、セキュリティ政策を樹立するためには何をすればいいのでしょうか。

 

詳しい内容は、コラム全文をご参照ください。

 

>>「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドラインに対応しなければならない理由」全文はこちら
https://bit.ly/2Hekhw1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 製品・パートナシップに関するお問い合わせ
ペンタセキュリティシステムズ株式会社 日本法人
Tel:03-5361-8201 / E-mail: japan@pentasecurity.com

■ 本件に関するお問い合わせ
ペンタセキュリティシステムズ株式会社
Tel:03-5361-8201 / E-mail: mkt1@pentasecurity.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━