エンタープライズセキュリティ

新しい時代は新しい技術を誇ります。そのため、まるで新しい技術だけ存在しているかのように見えます。しかし、既存の技術は相変わらず存在し、相変わらず重要です。そして、ますます複雑になります。

時代変化に対応するため、産業分野別環境は絶えず変化し、一般的・普遍的な技術の単純適用だけでは問題を解決できなくなりました。しかし、結局すべての企業情報セキュリティ問題は、企業情報セキュリティの根本的対策を通じて解決されます。

企業情報セキュリティの3要素は、「認証セキュリティ+ウェブセキュリティ+タ暗です。
これは、ユーザーからデータベースに至るまでの全体の流れに対する質問と回答です。

ITシステムの動作は、「ユーザーと、やり取りしたデータを処理し、保存する。」という流れに従います。よって、「正しいユーザーであろうか?」、「正常トラフィックなのか?」、「保存は安全なのか?」が核心的な質問です。セキュリティ事故のパターンもまたユーザー認証失敗、ウェブアプリケーションセキュリティ事故、データ内容の流出です。

それで「認証セキュリティ+ウェブセキュリティ+データ暗号化」が、企業情報セキュリティ3要素であるのです。これはすべての環境に適用できる根本的な対策です。分野別環境の特性により適用方法が変わるだけです。

ペンタセキュリティは、主要分野別の環境的な要求に対応するソリューションを提供いたします。

POSシステムセキュリティ

POSシステムは店の注文処理システムと管理者のコンピューターをオンラインで連結し、販売時点の情報をリアルタイムで統合・分析・評価する総合的な販売管理システムです。最近、POSシステムに対する情報流出事故が増加しています。しかし、POSシステムはPOS端末機、ウェブサーバ、DBサーバなど様々なシステムに連携しているため、情報流出事故を防ぎ、セキュリティを高めるための方策がほぼないのが現実です。よって、ペンタセキュリティのPOSシステムセキュリティソリューションは、POSシステムの構造を正確に理解し、多様な環境についても適切なセキュリティ技術を適用できる技術を基にして制作されました。

ペンタセキュリティのPOSシステム・セキュリティ・ソリューションは、POSシステム構造の正確な理解を基にし、End to End(終端間)暗号化、DUKPT基盤鍵管理、安全なTokenization(FPE: Format Preserving Encryption)などPOSシステムのセキュリティに必要な全てのセキュリティ技術を提供いたします。

SAPセキュリティ

SAPは、様々な産業分野でビジネス活動を支援する企業アプリケーションです。製造、開発、購買、マーケティング、サービス、物流、流通、会計など企業の業務を統合管理し、すべての情報が混じり、常時稼動されるSAPは企業のビジネス活動そのものです。SAPには職員の職員個人情報、金融取引記録、営業機密など重要な情報が入っています。これは、露出された際、企業の存廃を懸念しなければならないほどの重要な機密であると同時に、個人情報保護法によると必須的に暗号化しなければならない情報でもあります。ペンタセキュリティのSAPセキュリティ・ソリューションは、適用が難しいSAPシステムの適材適所に十分なセキュリティを揃えることができる対策です。

エンタープライズ鍵管理

年々増え続ける個人情報流出事件によって、公共機関及び企業内部で使用されるデータに対する暗号化が必須的に求められています。安全な暗号化のための最も效率的な方法は、暗号化の際、使用される暗号鍵をより安全に保管して管理するものであり、鍵管理は基本的に暗号化に使用される暗号化鍵をサーバの外部に安全保管・管理し、サーバ内部に鍵を保存する時に発生できるセキュリティ脅威を防止することができなければなりません。ペンタセキュリティは長年蓄積された技術と企業の業務・システムに対する正確な理解を土台に、多様な環境に対応する安全で便利な全社的鍵管理ソリューションを提供します。

POSセキュリティ

SAPセキュリティ

エンタープライズ鍵管理