ブロックチェーン

ブロックチェン(Blockchain)とは、デタのブロックが鎖(チェン)のような形で連結していくことによりデタを保管する、暗化技術の一つです。ブロックチェン上のデタは全ての加者の間でリアルタイムに共有されると同時に証されるため、透明かつ率的なデタの共有及び管理ができます。分散型台帳とも呼ばれるブロックチェン技術は、デタ改ざんが根本的に不可能な仕組みであるため、 第三者機を介することなく全ての取引において十分な信性を保証します。

ブロックチェン上では取引が成立されると同時にデタが更新されます。そのため、トランザクションの履を記交換提供するなどの行が必要なあらゆる分野で活用できます。

ブロックチェンを用いた「スマトコントラクト」は、ビジネスプロセスを無人化自動化を可能にするだけでなく、取引デタにするモニタリング及び分析の基盤にもなります。ペンタセキュリティのブロックチェソリュションは公共製造物流など、多岐にわたる産業分野に適用することができます。

ペンタセキュリティは、ブロックチェソリュション、そしてAIやIoTなどの新たなテクノロジの組み合わせによるシナジを活用した、次世代の新ビジネス創出を支援致します。

ペンタセキュリティのブロックチェーン・ソリューション

ペンタセキュリティのブロックチェソリュションは個人のためのB2Cレベルにとどまらず、金融機などセキュリティを必須とするB2Bエンタプライズレベルや、デバイス間の認証が必須となるスマトシティ等のB2Gインフラストラクチャレベルに至るまで、全てのアキテクチャに適用することができます。

1. ブロックチェーン・アプリケーション・セキュリティ

ブロックチェーンは暗号資産の中核技術としてもよく知られています。ブロックチェーンの仕組みからみると、暗号資産は取引履歴の改ざんや奪取の試みなど、悪意を持った攻撃から極めて安全だと言えます。しかし、暗号資産を保管し取引する過程で、特にアプリケーションが動作する過程で様々な危険にさらされます。

そのため、暗号資産を保管・使用・流通する環境全般に対して徹底したアプリケーション・セキュリティ・ソリューションを適用する必要があります。ユーザが暗号資産に接近できる権利である「暗号鍵」を管理するためのウォレットから、取引所や金融機関などのエンタープライズレベルのセキュリティシステム構築に至るまで、各レベルに応じてセキュリティ・ソリューションを適用するべきです。

暗号資産セキュリティ
2. ブロックチェーンを活用したインフラストラクチャーの構築

ブロックチェンはインタネットの明と同じく、新たなビジネス環境を構築する可能性を持ったテクノロジです。特に、決定の分散が必要な分野、履歴追跡が必要な分野、オプンされたデタ共有が必要な分野などで活用されることが期待されています。MPCソリュション (Multi-Party Computation Solution) や分散デタのリアルタイム共有、物流管理に使用されるSCM(サプライチェンマネジメント)等が代表的な例です。

1) MPC(Multi-Party Computation)ソリュション

ブロックチェンを活用したMPC技術を通じ、シングルシグ方式のリスクを解消することができます。一人の管理者だけが限を持つ場合、一障害点 (SPOF, Single Point of Failure)といった問題が生する可能性があります。

一方MPCソリュションの場合、「ゼロトラスト原則」に基づき限を多に分散するので、根本的に安全な形意思決定システムを構築することができます。

MPCソリューション

2) 分散デタのリアルタイム共有

タの急による張性の限界、過度な中央集型の構造上の脆弱性から生じるデタの偽変造リスクなど、デタにする問題が後を絶たず生しています。これは、現在のデタ流通方式が限界に至った結果です。

そこでペンタセキュリティはブロックチェンを活用した「分散デタのリアルタイム共有方式」を提案します。最適化されたルトを通じ、提供者と利用者間のデタ共有をリアルタイムで可能とします。

分散データのリアルタイム共有
3. データ共有プラットフォーム

データは「21世紀の石油」とも言われるほど、正に第4次産業革命の中核でありながら、デジタルビジネスの成功を左右する決定的な要素でもあります。そしてブロックチェーンは、新たな価値を創出できるデータ循環型のエコシステムの基盤技術として活用することができます。例えば、自動車の運転車はブロックチェーン基盤のデータ・プラットフォームを通じ、走行、通信、システム動作などの車両・交通データを生産し、共有、取引できます。

ブロックチェーン基盤のデータ・プラットフォームは、ブロックチェーンを一種の「データにおける著作権管理ツール」として活用できます。プラットフォームのユーザは、データの生産者であると同時に消費者である「プロシューマー」として、データ共有・取引に参加します。企業は、そのようなデータを購入し、分析を行うなど、製品やサービスの品質向上に活用することができます。ペンタセキュリティのデータ共有プラットフォームもまた、データによる付加価値創出が可能なデータ・マーケット・プラットフォームとして活用できます。

お問い合わせ
当社製品やソリューションに関する詳しい情報はこちらよりご確認ください。
お問い合わせ