PALLET X

ホットウォレット(HoT Wallet)タイプの

エンタープライズ向け仮想通貨ウォレット

PALLET X(パレット・エックス)は、多数の管理者が存在する事業者環境に最適化したオンプレミス(On-premise)タイプの事業者向けのホットウォレット(Hot Wallet)です。

秘密分散(Secret Sharing)機能により、多数の管理者に権限を与え、多数の合意による仮想通貨管理ができます。ウォレットで行われる全プロセスは、ペンタセキュリティが独自開発したセキュリティ技術であるPCWF*を基盤としており、外部からのアクセスが不可能な信頼実行環境(TEE: Trusted Execution Environment)で実行されるため、事業者は資産を安全に管理することができます。

PALLET X(パレット・エックス)は、ウォレット作成から仮想通貨の取引まで、仮想通貨ウォレットの全ライフサイクルにおいて事業者環境に適合な権限分離をサポートし、個人の権限乱用を防止します。

* PCWF(Penta Crypto Wallet Framework):オープンソースを使用せず、独自開発した暗号アルゴリズムおよびブロックチェーンプロトコル・フレームワークであり、PALLETの全製品に採用されています。

PALLET X(パレット・エックス)は、ITセキュリティ専門企業であるペンタセキュリティの技術力を基盤とする、ハードウェアの構成から暗号アルゴリズムの実装まで、全のセキュリティ技術を集約したブロックチェーン専用のウォレットです。

  • 検証済み暗号モジュール使用

    NIST CMVP / NIS KCMVP

  • CC認証技術適用

    鍵管理システムD’Amo KMSのユーザ認証(CC EL 4+)、完全性保証、監査ロギング

  • 信頼実行環境(TEE、Trusted Execution Environment)

    HSMを活用したSEED、ARIAアルゴリズムを実装

  • QRNG(Quantum Random Number Generator)

    SG-KMSを利用した量子乱数発生器

  • FIDO(Fast IDentity Online)

    ISign+ FIDO国際標準認証プロトコルサポート

  • OTP(One Time Password)

    ISign+が保有した特許を利用し、OTP実装

  • カーネル暗号化(Kernel Encryption)

    カーネル暗号化(Kernel Encryption)

事業者向けの機能

PALLET Xは、多数の管理者が存在する事業者環境において6つのマルチ機能をサポートし、権限分離による高度かつ強力なセキュリティを提供します。

Multi-Use

ウォームウォレット(Warm Wallet)またはホットウォレット(Hot Wallet)として使用可能

PALLET Z(コールドウォレット)との連動により、強固なセキュリティ環境を実装

Multi-Signature

多数の管理者が取引署名の生成に参加し、単一管理者による不正行為を遮断

Multi-Wallet

多数の管理者が取引署名の生成に参加し、単一管理者による不正行為を遮断

Multi-Cryptocurrency

BTC、BCH、XRP等の多様な仮想通貨をサポートし、事業者別の多様なニーズに対応

Multi-Factor Authentication

生体認証、OTP等の複数要素の組み合わせで強力な認証やアクセス制御を提供

Multi-User

ウォレットの管理やアクセス権限を多数の管理者に配分し、管理者別の権限設定が可能

主要特長

導入効果

PALLET X(パレット・エックス)は、仮想通貨ウォレットの全体ライフサイクルにおいて事業者環境に適合な権限分離をサポートし、個人の権限乱用を防止します。

PALLET Xは、既存のコイン取引システムとの統合の際、簡単かつ便利な連動により、管理における負担を最小化します。

コインの追加方式

PALLET Xを導入すると、以下のようなメリットがあります。

  • 開発にかかる手間を縮小
  • 運営費用を削減
  • 取引システムコードの修正を簡素化
  • 新しい仮想通貨の追加の際、単一インタフェースを使用するため、業務プロセスが簡素化

使用環境

PALLET X(パレット・エックス)は、ハードウェアタイプの仮想通貨ウォレットとして、仮想通貨ウォレット作成および取引生成の全プロセスにおいて個人鍵をハードウェア内に安全に管理します。

  • PALLET X(Appliance)

    仮想通貨ウォレットを作成・管理し、仮想通貨取引を生成するアプライアンス型のハードウェアです。

  • ウェブサービス・サーバ

    ユーザが取引を入力すると、取引処理サーバに取引を要請します。取引処理サーバが取引を完了・失敗すると、取引情報を変換され、ユーザに見せます。

  • 取引処理サーバ

    ウェブサービスサーバで取引を要請されると、PALLET X Rest APIを利用し、トランザクションを生成し、生成されたトランザクションをブロックチェーンネットワークに登録します。

対応コインリスト

現在
v2.2対応予定
v2.3対応予定
順次対応予定