ペンタセキュリティ、AWS Summit Seoul 2016でクラウドセキュリティソリューション紹介

ペンタセキュリティ、AWS Summit Seoul 2016で
クラウドセキュリティソリューション紹介

APN技術パートナーとしてクラウド基盤のデータ暗号、Webセキュリティ技術紹介し

データベース暗号化とWebセキュリティ専門企業ペンタセキュリティシステムズ株式会社 (日本法人代表取締役社長 陳貞喜、www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)は5月17日、ソウルのCOEXで開催されたAWS Summit Seoul2016でAWS(Amazon Web Services)環境に特化したデータベース暗号化ソリューションD’Amo(ディアモ) for AWSと仮想化Webアプリケーションファイアウォール WAPPLES V-Series(ワップルブイシリーズ)を紹介したことを明らかにしました。

AWS Summitは、既存の顧客にはAWSを通じてより成功できるように深みのある技術コンテンツを提供し、新規の顧客には、AWSプラットフォームに対する教育を提供することを目的とするイベントであり、2016年には、ソウルをはじめ、東京、シンガポール、パリ、サンティアゴなど総37の都市で開催されています。

ソウルで開催されたAWS Summit Seoul 2016には約3,000人が参加し、ペンタセキュリティは、展示ブースを運営してアジア・パシフィック地域のマーケットシェア1位のWebアプリケーションファイアウォールであるWAPPLESをAWS環境に最適化したWAPPLESの仮想化バージョン「WAPPLES V-Series」と韓国データベース暗号化ソリューション市場1位のD’AmoをAWSのクラウド環境に最適化した「D’Amo for AWS」を紹介して、AWS環境での適用方法を教える時間を持ちました。

ペンタセキュリティは、2014年からAWS基盤の鍵管理サーバ製品であるD’Amo SG-KMSと仮想化WebアプリケーションファイアウォールWAPPLES V-SeriesをAMI(Amazon Machine Image)の形で提供しながら、APN(Amazon Partner Network)技術パートナーに登録されました。APN技術パートナーとは、AWSプラットフォームでホスティングや統合できるソフトウェアソリューションを提供する正式パートナーとして、他の企業より効率的にAWS基盤のソリューションを構築することができます。

ペンタセキュリティの最高技術責任者であるDS Kimは、「昨年と比べてAWSクラウドを利用する顧客の割合が高まり、AWS環境で適用可能なセキュリティソリューションに関するお問い合わせも増加した。」とし、「データベース暗号化ソリューションおよび仮想化Webアプリケーションファイアウォールを韓国市場では最初に発売してセキュリティ技術をリードしてきた経験を基にして、Microsoft Azure、IBM Softlayer、Google Cloud Platformなどの様々なクラウド環境でも誰もが簡単にセキュリティソリューションを適用できるように製品を最適化することに集中する予定である。」と述べました。

WAPPLES

 

WAPPLESは, 世界各国170,000のWebサイトを保護している信頼のソリューションであり、ペンタセキュリティが独自開発し4ヶ国特許を取得した検知エンジンを搭載し、セキュリティ専門家に頼らなくても使える知能型WAFです。

 

 

D’Amo(ディアモ)

 

今年2014年リリース10周年を迎えたD’Amoは、韓国初のDBMS暗号化ソリューションを商用化した以来、セキュリティ市場No1として3,200ユーザ以上の安定された稼働実績を誇ります。長年の経験とノウハウ、そして研究を重ねてきた暗号化のコア技術をもとに、さらなるステージへとセキュリティソリューションの進化をリードしてまいります。

 

 

製品に関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply