Hubjectとペンタセキュリティ、 ISO 15118に準拠したEV充電のための初グローバル相互認証を提供

Penta Hubject

  • HubjectとペンタセキュリティはV2G Root CA(Vehicle to Grid Root Certificate Authority)により既存のソリューションが世界中で通用できるための相互認証を完了する予定です。
  • 相互認証によりISO 15118に準拠したプラグ&チャージ(Plug&Charge)ソリューションのグローバル提供を容易にし、ソリューションに興味を持っている企業がHubjectとペンタセキュリティのV2G Root CAを効率的に選択することができます。

 

2019年11月14日、ベルリン/ソウル

11月14日、Hubjectとペンタセキュリティは電気自動車と充電スタンド間の標準セキュリティ通信を可能にするために協力することを明らかにしました。国際標準規格として策定されたISO 15118は、電気自動車のプラグ&チャージ(Plug&Charge)のための充電・決済プロセスを安全に行うための標準規格として知られています。

 

最も安全で自動化されていると言われるISO 15118のセキュリティは保存されたデジタル証明書の自動比較に基づきます。

 

証明書はV2G Root CA (Vehicle to Grid Root Certification Authorityまたは V2G Root CA)といった最上位認証機関で発行されたもので、HubjectとペンタセキュリティはV2G Root CAにより相互認証が可能です。

 

世界で信頼されているHubjectのV2G Root CAは、韓国のEV充電市場をリードしているペンタセキュリティのV2G Root CAとの相互認証により相互運用性を実現します。これにより、両社は独自のRoot CAの検証された認証データに加え、パートナとしてお互いの認証データを処理することができます。斯くしてHubjectとペンタセキュリティは韓国・ヨーロッパ・北米などEV市場に進出した企業をサポートするために協力していく予定です。

 

Web・IoT・データセキュリティ専門企業であり、自働車業界で10年以上の業歴を積み重ねてきたペンタセキュリティのCEO/Founderの李 錫雨(リ・ソグ)氏は、「EV充電セキュリティは制御力を向上させることによって、開放性をより高めるインフラとなります。今回の相互認証の実現を通じて、充電と決済プロセス全般において利便性と正確性を提供し、制限のない充電環境の基盤を提示することができてとても嬉しいです。」と伝えました。

 

また、電気自動車と充電スタンド間の安全なコミュニケーションを提供するグローバルサポーティング企業のHubjectのCEOであるChristian Hahn(クリスチャン・ハーン)氏は、「我々は世界的に通用される標準を目指し万全を期していきます。それはセキュリティ面においても一緒で、プラグ&チャージ(Plug&Charge)の事例を見ると、ISO 15118を採用する企業たちはどのサービス提供者を選んでも、Root CAを運営する他の企業によりサポートされることができるようになります。それによって、企業はこれ以上ロックイン効果(lock-in effect)を経験することはないと思います。」と伝えました。

 

*ロックイン効果(lock-in effect):消費があるメーカーの商品を購入した場合に、商品を買い換える場合にも引き続いて同じメーカーの商品を購入するようになり顧客との関係が維持される効果をいう。(出典: ウィキペディア

 

 ※ 本資料は、2019年11月14日にHubject社により発表されたプレスリリースの抄訳です。原文は下記のリンクをご参考ください。

原文:https://www.hubject.com/en/penta-security/

 

ABOUT HUBJECT

Hubject simplifies the charging of electric vehicles. Through its eRoaming platform, called intercharge, the eMobility specialist connects Charge Point Operators or CPOs and eMobility Service Providers or EMPs, thus providing standardized access to charging infrastructure regardless of any network. With over 200,000 connected charging points and more than 600 B2B partners across 28 countries and four continents, Hubject has established the world’s largest cross-provider charging network for electric vehicles by connecting CPO networks. In addition, Hubject is a trusted consulting partner in the eMobility market, advising automotive manufacturers, charging providers, and other EV-related businesses looking to launch eMobility services or implement Plug&Charge using ISO 15118. In essence, Hubject promotes eMobility and its advancement worldwide. Founded in 2012, Hubject is a joint venture of the BMW Group, Bosch, Daimler, EnBW, Enel X, innogy, Siemens, and the Volkswagen Group. Hubject’s headquarters is located in Berlin, with subsidiaries in Los Angeles and Shanghai.

 

ABOUT PENTA SECURITY

Penta Security Systems Inc. is a leader in web, IoT, and data security solutions and services. With over 20 years of IT security expertise in powering secured connections, Penta Security is the top cybersecurity vendor in Asia, as recognized by Frost & Sullivan, and APAC market share leader in the WAF industry. Driving innovations across encryption, authentication, and signature-free web application firewall detection technology, Penta Security’s whole-system approach to security enables resilience in an era of hyper web integration and connectivity. Penta Security drives safer transport through its efforts in smart mobility, providing automotive security for connected and electric vehicles (AUTOCRYPT), automotive blockchain technology (AMO), and a mobility data intelligence platform (MOBILIGENT).