Posts

オートモーティブワールド2018出展のご案内

オートモーティブワールド2018出展のご案内

オートモーティブワールド(Automotive world)は、自動運転、クルマの電子化・電動化、コネクティッド・カー、軽量化など、自動車業界における重要なテーマとしている展示会で、最新技術を持っている約1,100社が出展するクルマの先端技術分野では世界最大のイベントです。毎年、世界中の自動車メーカー・自動車部品メーカーが新技術の導入・比較検討のために来場しますが、イベントが開催される3日間、約40,000名が会場を訪問するとします。

去年に続き、今年もペンタセキュリティではコネクティッドカー向けのセキュリティソリューションであるAutoCrypt(アウトクリプト)を紹介するために、出展することになりました。

AutoCrypt(アウトクリプト)を構成している4つのソリューションの紹介はもちろん、今年は自動車通信プロトコルに最適化されたファイアウォールのAutoCrypt AFWと自動車と外部インフラ間の安全な通信システムのAutoCrypt V2Xを直接試演いたします。

  • 開催期間:2018年1月17日[水]~19日[金]10:00~18:00 ※(最終日のみ17時まで)
  • 会  場:東京ビッグサイト(マップはこちら
  • 展示位置:コネクティッドカーEXPO E54-9
  • セミナー情報
  • タイトル:「コネクティッドカー・EVでのサイバーセキュリティ適用事例」
  • 内容詳細:本セミナーではコネクティッドカーやEV時代の到来においてのサイバーセキュリティ適用を適用実例の紹介を通じて説明いたします。

出展関連の詳しい内容は、以下のページにてご確認できます。

オートモーティブワールド2018出展の詳細へ

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

profile

ペンタセキュリティ、自動走行自動車実験都市「K-CITY」にセキュリティソリューションの受注

ペンタセキュリティ、

自動走行自動車自実験都市「K-CITY」にセキュリティソリューションの受注

韓国IoTセキュリティ技術基盤のコネクティッドカーセキュリティをリードした技術力を認められ、
「K-CITY」でセキュリティシステム構築および自動走行車セキュリティ課題を解決予定

 

データ暗号化とWebセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長陳貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)が韓国政府所管の協調型高度道路交通システム(Cooperative Intelligent Transport System、以下C-ITS)導入に向けた「K-CITYプロジェクト」で自動車セキュリティソリューション受注を通じて、セキュリティシステムを2017年12月01日に構築開始することを明らかにしました。

 

コネクティッドカー
<K-CITY鳥瞰図(資料=韓国交通安全公団)>
 

現在、世界各国では国の生産性や技術の競争力強化などを目的にし、自動走行自動車技術の開発に取り組んでいます。特に、2020年まで半自動運転車の商用化され、2030年からは完全自動運転車が商用化されるという展望により、自動車製造メーカーはもちろん、グローバルIT企業まで自動走行技術を開発するための技術開発協力を強化し、共同開発を始めるなど、市場を先取りするために多様な試みが行われています。

 

特に各国では自動走行自動車市場の先取りのため、実際の環境に近い環境での実験を可能にするテストベッド(Test Bed)構築に取り組んでおり、今まで世界規模のテストベットとしては米国の「M-CITY」、日本の「JARI」、中国の「Nice City」などが構築されていました。一方、今回韓国政府で自動走行自動車の商用化時期を2020年に決め、政府所管の「K-CITYプロジェクト」を通じて、事実上、世界で2番目に大きいテストベッド構築を予定中です。

 

C-ITS導入に向けた韓国政府所管のK-CITYプロジェクトは、韓国初の自動走行実験都市であり、2018年には完工に向け、総11億円を投入し、32万m2(11万坪)規模の実験都市を構築しています。今回のプロジェクトに含まれたセキュリティシステム項目の場合、今後の自動走行自動車の商用化において非常な重要要素として作用することになる予定で、システム構築の主体に大きな関心が集まっていました。

 

ペンタセキュリティは、韓国のIoTセキュリティ技術基盤のコネクティッドカーセキュリティをリードしてきた技術力を認められ、当プロジェクトで車両間の通信、車両とインフラ間の通信、車両と道路の施設物間の通信における認証や暗号化を担当することになりました。これを通じて、大田(テジョン)、世宗(セジョン)、驪州(ヨジュ)の3都市で行われるC-ITS構築事業に次いで、ペンタセキュリティのAutoCrypt(アウトクリプト)は自動走行実験都市内に、セキュリティシステムを構築する予定です。

 

今回のセキュリティシステム構築に活用されるペンタセキュリティのAutoCrypt(アウトクリプト)は、韓国唯一のコネクティッドカーセキュリティ・ソリューションであり、K-CITYプロジェクトで車両向けファイアウォール(AutoCrypt AFW)と車両と外部インフラ向けのセキュリティ通信システムである(AutoCrypt V2X)、車両向けのPKI認証システム(AutoCrypt PKI)を含め、自動車内部セキュリティソリューションも提供する予定です。

 

ペンタセキュリティCSOのDSKimは、「自動走行自動車が解決しなければならない重要課題の1つはセキュリティだ。自動走行自動車のネットワーク内外で発生する損傷は、人間の生命と直結されることを忘れてはいけない。」とし、「韓国初の自動走行実験都市のセキュリティシステム構築を担当することは、今後の自動車セキュリティ技術の基礎を強化することと同じだと思う。K-CITYプロジェクトを通じて自動走行での先にセキュリティを実現してからネットワークで繋ぐことの重要性をもう一度示す予定だ。」と言及しました。

 

Autocrypt(アウトクリプト)

ペンタセキュリティのIoTセキュリティR&Dセンターの「ピックル(PICL; Penta IoT Convergence Lab)」が8年にわたって研究・開発したスマートカーセキュリティソリューションで、世界初の車両用アプリケーションファイアーウォールです。車両の外部から内部に侵入する攻撃トラフィックを検知し、車両内部で使用される様々な暗号キーや証明書、車両外部のセキュリティ通信に使用されるキーのライフサイクルを管理します。

 

 


本件に関するお問い合わせ
ペンタセキュリティシステムズ株式会社
E-mail : japan@pentasecurity.com
TEL : 03-5361-8201

profile

「2017年11月号」大手企業を狙ったサイバー攻撃、その被害規​模が恐ろしい?!Web脆弱性からコネクテ​ィッドカーまで、セキュリティ情報まとめ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ ペンタセキュリティシステムズ メールマガジン 2017/11/28 ■□■

https://www.pentasecurity.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【01】【特別記事】第10回 オートモーティブワールド2018「コネクティッドカーEXPO」に出展!

【02】【プレスリリース】仮想通貨取引所に論理演算分析エンジン搭載WAF「WAPPLES」を提供

【03】【月間レポート】最新Web脆弱性トレンドレポート2017年10月号公開

【04】【ニュースまとめ】大手企業を狙ったハッキングで流出される顧客情報の規模が恐ろしい。

【05】【コラム】2017年11月号 「安全だと思ったWi-Fiセキュリティ、WPA2が崩れた。」

【06】【特別連載】Q&Aで分かるコネクティッドカーのすべて

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【01】 【特別記事】第10回 オートモーティブワールド2018「コネクティッドカーEXPO」に出展!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年1月、ペンタセキュリティは第9回オートモーティブワールドの「コネクティッドカーEXPO」に

出展し、自動車通信プロトコルに最適化されたファイアウォールのAutoCrypt AFWと自動車と外部

インフラ間の安全な通信システムのAutoCrypt V2X、自動車用PKI認証システムのAutoCrypt PKIや

自動車内部の暗・復号化を担当する鍵の管理システムのAutoCrypt KMSの4つで構成されている

AutoCrypt(アウトクリプト)を紹介し、大きな反響を起こしました。来年のオートモーティブワールド

2018にも出展することになりましたが、展示会に来場する方々がさらにオートモーティブワールドを

活用できるように、展示会に行く前にチェックしておけば良いことをご紹介いたします。

オートモーティブワールドに参加予定の方々、また興味を持っている方なら、是非ご確認ください。

 

>> オートモーティブワールド2018特集記事全文はこちら

 

https://goo.gl/KYu9Gj

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【02】【プレスリリース】仮想通貨取引所に論理演算分析エンジン搭載WAF「WAPPLES」を提供

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ペンタセキュリティが11月14日からブロックチェーンプラットフォーム専門企業「CERTON」が運営

する仮想通貨取引所の「コインリンク」に、自社開発の論理演算分析エンジンを搭載したWebアプリ

ケーションファイアウォールの「WAPPLES(ワッフル)」を提供することになりました。

日本では、2017年上半期に個人の仮想通貨口座をハッキングした事件が33件発生し、これによって、

約7650万円の仮想通貨が盗まれた事件があり、その他にも香港、韓国など、仮想貨幣取引所を狙った

サイバー攻撃が急増して、多数の仮想貨幣取引所はセキュリティの重要性を認知するようになり、

本格的にセキュリティシステムを構築し始めました。コインリンクもセキュリティ強化の一環として

今回ペンタセキュリティのWAPPLES(ワッフル)を導入したのです。

より詳しい内容は、下記のプレスリリース全文をご参照ください。

 

>> プレスリリース全文はこちら

https://goo.gl/d8EVj8

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【03】【月間レポート】最新Web脆弱性トレンドレポート2017年10月号公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ペンタセキュリティが毎月(年12回)提供しているExploit-DBのWeb脆弱性項目をもとにしたトレン

ドレポートです。本レポートは、世界的に幅広く参考している脆弱性関連のオープン情報である

Exploit-DBより公開されているWeb脆弱性について、ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータ

セキュリティチームの専門的知識と経験を活かし作成されています。

 

【概要】

2017年10月に公開されたExploit-DBの脆弱性報告件数は、総67件であり、その中でSQLインジェク

ションが51件で最も多い件数で発見されました。10月の攻撃の中で最も危険度の高い攻撃は、コマンド

・インジェクション(Command Injection)攻撃でした。コマンド・インジェクション(Command

Injection)攻撃は、意図しないシステムコマンドを実行することができる攻撃で、今月に公開された

攻撃は主に1)multipart/form-dataを活用した方式、2)JSON形式でコマンドを挿入する方式、3)コマンド

をbase64とhashで変調する方式、4)コマンドが挿入されたxmlファイルを参考する方式などがありました。

該当脆弱性を予防し、持続的なセキュリティを維持するためにはWebアプリケーションファイアウォール

とセキュアコーディング、最新パッチを通じて深層防御(Defense in depth)実装を考慮しなければなりません。

 

>> 最新Web脆弱性トレンドレポート全文はこちら

無料ダウンロード: https://goo.gl/s4AQ8u

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【04】【ニュースまとめ】大手企業を狙ったハッキングで流出される顧客情報の規模が恐ろしい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、不正アクセスによる個人情報漏えいに関するニュースが連日報道されています。企業の情報

を狙った不正アクセスにより、顧客の機密情報やクレジットカード情報などの敏感な情報が流出される

など、企業の被害件数も増加しています。今回のニュースまとめでは、特に注意しなければならない大手

企業の事例です。大手企業を狙った3つのハッキング事件について、事件の概要から経緯まで詳しくご

説明いたします。サイバー攻撃はその攻撃を受けた企業の規模により、被害規模も変わりますが、大手

企業の場合、その被害規模は実に恐ろしいです。詳しい内容は全文をクリックしてください。

 

目次は、以下の通りです。

(1) 米ヤフーユーザー30億人の情報流出―「世界の半分」の情報が盗まれる!

(2) TOKYO MXに不正アクセスー30万人以上の個人情報流出の可能性

(3) GMO、1万4612件の顧客情報が流出ーサイト売買サービスに不正アクセス

 

>>ニュースまとめ全文はこちら

https://goo.gl/BU8BBP

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【05】【コラム】2017年11月号 「安全だと思ったWi-Fiセキュリティ、WPA2が崩れた。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎月ペンタセキュリティの R&D センターからコンテンツ作成し、配信しているセキュリティコラムを

紹介いたします。

【概要】

「WPA2(Wi-Fi Protected Access 2)」も崩れた。Wi-Fiセキュリティの不安というのはいつも話題に

なっていたが、そのたびにWPA2は唯一の安全な方法としておすすめされたりした。

以前の「WEP(Wired Equivalent Privacy)」に比べて、WPA2は名前から’Protected’だったので、

十分に保護されているような気がした。セキュリティ専門家たちもWPA2だけは安全だと言ってたので、

利用する人たちは安心した。しかし、そのWPA2も崩れたのだ。

———————————————————————————————

いつのまにかWi-Fiは私たちの日常生活では欠かせないものになりましたが、安全だと信じていた

このWPA2(無線LAN規格)から脆弱性が発見されたことにより、全世界が大騒ぎになりました。

それで今回は、脆弱性が発見されたこのWPA2のどこから欠陥があったのか、またそれでWPA2方式

は本当に安全な方式ではないか?などの疑問について解説いたします。

詳しい内容は、本コラムからご確認ください。

 

>>コラム「安全だと思ったWi-Fiセキュリティ、WPA2が崩れた。」全文はこちら

https://goo.gl/xeNF7k

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【06】 【特別連載】Q&Aで分かるコネクティッドカーのすべて

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

運転席で一眠りして起きたら。自動車が自ら運転して、目的地まで送ってくれる場面をニュース

などで見たことがありますか? こういう話は今はもう映画の中の話だけではなく、現実です。コネクティ

ッドカーあるいは自律走行車がそれです。世界有数の自動車会社とIT会社がスマートな自動車を

リリースして、映画の中で見たのが現実になっていて、みんなが驚いています。

しかし、もし、ハッカーらが自律走行車を攻撃すれば、恐ろしい事故が起こる恐れもあります。それ

で、今回は近未来に商用化される自律走行車、コネクティッドカーをテーマにして紹介と共に、セキュ

リティの重要性、二重三重のセキュリティシステムなどについてQ&Aでご解説いたします。

 

>>Q&Aで分かるコネクティッドカーのすべて全文はこちら

https://goo.gl/XqeMTx

 

▼ 他の特別連載記事はこちら ▼

≫≫ Q&Aで分かる「情報セキュリティ」のすべてhttps://goo.gl/dQSDTK

≫≫ Q&Aで分かる「ネット銀行(ネットバンク)」のすべてhttps://goo.gl/F9qLLz

≫≫ Q&Aで分かる「モノのインターネット(IoT)」のすべてhttps://goo.gl/ZfHFRh

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 製品・パートナシップに関するお問い合わせ

ペンタセキュリティシステムズ株式会社 日本法人

Tel:03-5361-8201 / E-mail: japan@pentasecurity.com

 

■ 本件に関するお問い合わせ

ペンタセキュリティシステムズ株式会社

Tel:03-5361-8201 / E-mail: mkt1@pentasecurity.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

profile

ペンタセキュリティ、ポップコーンザーとパートナーシップ締結し、自動車SW標準技術を適用

ペンタセキュリティ、ポップコーンザーとパートナーシップ締結し、

自動車SW標準技術を適用

 

東京Automotive World 2017に参加し、共同展示館運営

 


データベース暗号化とWebセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)は、ポップコーンザーとパートナーシップを結び、1月18日から3日間、オートモーティブワールド2017に出展したことを明らかにしました。

 

ポップコーンザーは、昨年の1月設立されたコネクティッドカーSW専門のスタートアップ企業であり、スタートアップ企業としては世界初としてAUTOSAR(オートザー、以下AUTOSAR)の標準技術を保有しています。AUTOSAR(AUTomotive Open System ARchitecture)は、自動車内部でソフトフェアが占める比率が高まることにより制作された自動車業界共通の標準ソフトウェアアーキテクチャであり、トヨタ・BMW・GM・フォルクスワーゲンといったグローバル自動車企業が使用しているソフトフェアプラットフォームとして、自動車分野の事実上の標準(de facto standard)です。

 

今回のポップコーンザーとのパートナーシップを通して、ペンタセキュリティのコネクティッドカー・セキュリティソリューションであるAutocrypt(アウトクリプト)の自動車通信プロトコルに最適化されたファイアウォール(AutoCrypt AFW)をはじめ、自動車内部のセキュリティソリューションにAUTOSAR規格を反映できるようになりました。

 

ペンタセキュリティは、2017年1月18日から20日まで東京ビックサイトで開催された自動車技術展示会「オートモーティブワールド(Automoive World 2017)」に参加し、ポップコーンザーと共同で展示ブースを運営しました。ペンタセキュリティは、この展示会を通じて、AUTOSAR開発ツールが適用されたAutocrypt(アウトクリプト)ソリューションをLinux基盤のAdaptive AUTOSARで具現し、日本で初めて紹介し、展示会を訪れた人々から良い反応を得ました。

 

ペンタセキュリティのCSOのDSKimは「ペンタセキュリティは、約20年前にITベンチャー企業から始めた経験があるため、企業規模に関わらず優秀な技術を保有しているスタートアップやベンチャー企業とのパートナーシップを常に肯定的に検討している。」とし、「数千円のAUTOSAR開発ツールをサービス方式のソフトウェアSaaS(Software as Service)で使用できるように提供するポップコーンザーの企業信念は、情報セキュリティを一つの文化として作りたがるペンタセキュリティと非常に似ている面が多い。コネクティッドカー時代が到来したとき、世界中の誰もがAutocrypt(アウトクリプト)で安全な自動車で生活できるように製品開発にさらに努力していくつもりだ。」と言及しました。

 

Autocrypt(アウトクリプト)

ペンタセキュリティのIoTセキュリティR&Dセンターの「ピックル(PICL; Penta IoT Convergence Lab)」が8年にわたって研究・開発したスマートカーセキュリティソリューションで、世界初の車両用アプリケーションファイアーウォールです。車両の外部から内部に侵入する攻撃トラフィックを検知し、車両内部で使用される様々な暗号キーや証明書、車両外部のセキュリティ通信に使用されるキーのライフサイクルを管理します。

 

 


本件に関するお問い合わせ

 

ペンタセキュリティシステムズ株式会社

E-mail : japan@pentasecurity.com

TEL : 03-5361-8201