Posts

admin-ajax

クラウドブリック、株式会社SIGと販売代理店契約を締結

クラウドブリック、

株式会社SIGと販売代理店契約を締結

IoT・クラウド・ブロックチェーンセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳 貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、韓国本社、ヒューストン/米国法人) は、クラウド型WAF「クラウドブリック(Cloudbric)」の日本におけるビジネス強化に向けて株式会社 SIG(以下、 SIG)と販売代理店契約を2020年1月30日に締結した。

2000x1083FinalistsTrust-1024x554
2000x1083FinalistsTrust-1024x554

クラウドブリックは、Web攻撃を可視化・即遮断しWebサイトを安全に保護するクラウド型WAFサービスで、別途ソフトウェアをインストールする必要なく、DNS情報を変更するだけで利用が開始できる。企業単位で独立した専用WAFサービス環境を構築し、提供するため、各企業にあわせてカスタマイズされたセキュリティ運用ポリシーで管理できるエンタープライズ・セキュリティの完結版を実現している。

2015年のサービス開始以来、全世界15カ国23カ所のIDCを基盤にグローバルビジネスの展開を活発に進めている中、 日本国内導入実績は、5,500サイト(2019年12月現在)にのぼっているという。この件数は、最近2ヶ月の間で2,000サイト強増えていることから、Webセキュリティにおける日本国内のニーズの高さと、クラウドブリックのブランドへの信頼度向上が伺える。

クラウドブリックは、このように高まっている日本国内ニーズに対し、より密に応えるべく、企業の情報システム企画・開発を数多く手掛けており、インフラソリューションの販売・運用の実績を持つSIGと戦略的なパートナシップを締結した。SIGは、企業情報セキュリティに必要な様々なソリューションを多角度で提案できるラインナップを保有しており、クラウドブリックの取扱いをすることで、Webアプリケーション・セキュリティにおける提案商材を拡張し、既存ビジネスとの相乗効果をはかる。

ペンタセキュリティ日本法人代表取締役社長の陳 貞喜氏は、「セキュリティ人材が不足している中、高度なセキュリティを求めている日本企業にとっては、各企業に特化した、カスタマイズ・ポリシーで管理するクラウドブリックは、クラウド型サービスとして提供されることから生まれる、コストパフォーマンスの要素まで考慮すると、最適解になるだろう」とし、「クラウドブリックの持つセキュリティ技術とノウハウ、そしてSIGの持つ日本国内のネットワークと提案力の、両社の強みを活かしていくことで、日本市場では戦略的なビジネス展開とともに、新たな価値を創出できると確信している」と述べた。

 


製品に関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201

[펜타시큐리티] ASOCIO ICT 우수기업상 수상

ペンタセキュリティ、「ASOCIO ICT優秀企業賞」を受賞

ペンタセキュリティ、「ASOCIO ICT優秀企業賞」を受賞

IoT・クラウド・ブロックチーェンセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳・貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、韓国本社、ヒューストン/米国法人)が11月8日、日本で開催された「ASOCIO Summit 2018」で「ASOCIO ICT Company」優秀企業に選定されたことを明らかにした。

<ASOCIO ICT Company 受賞しているペンタセキュリティの李・錫雨社長>

1984年設立された「ASOCIO(Asian-Oceanian Computing Industry Organization)」は、日本・オーストラリア・ニュージーランド・シンガポール・香港など、24か国のICT関連協会と機関が参加する国際ICT団体である。ASOCIOは、毎年サミットを開催し、革新的なICT製品·技術で事業を展開した優秀企業と機関を選定することで、情報通信産業の共同発展に向け、活動を展開している。

ペンタセキュリティは、従来の事業方式を革新し、産業競争力を強化し、新たなビジネスモデルを展開した企業として認められ、「ICT Company」部門の優秀企業に選ばれた。ペンタセキュリティは、データセキュリティ/ウェブセキュリティ/認証セキュリティの分野でアジア・パシフィック地域のレファレンスを多数蓄積している。ペンタセキュリティのウェブアプリケーションファイアウォールであるWAPPLES(ワッフル)は、市場調査機関のフロスト&サリバン(Frost&Sullivan)が主管したICTアワードで「アジア・パシフィック地域最高のセキュリティ製品」として選ばれた。

ペンタセキュリティのCEOの李錫雨氏は、「アジア・パシフィック地域のICT市場の急成長に伴い、セキュリティ要求も同時に高まっている。今回の受賞は、ペンタセキュリティがアジア・パシフィック地域に長期間集中して事業を展開してきた成果であるので、とても嬉しい。」とし、「これからも国家別製品およびサービスの現地化を通じて、アジア・パシフィック地域の最高セキュリティ企業の立場をより強固にする予定だ。」と述べた。


本件に関するお問い合わせ
ペンタセキュリティシステムズ株式会社
E-mail : japan@pentasecurity.com
TEL : 03-5361-8201

[펜타시큐리티] R-Car 컨소시엄 AutoCrypt AFW

ペンタセキュリティ、日本で自動車ハッキングを防ぐセキュリティソリューション紹介

ペンタセキュリティ、

日本で自動車ハッキングを防ぐセキュリティソリューション紹介

IoT・クラウド・ブロックチーェンセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳・貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、韓国本社、ヒューストン/米国法人)が10月17日、東京でルネサスエレクトロニクス株式会社(以下、ルネサス)が主催した「R-Car Consortium Forum 2018」に参加し、車両向けのファイアウォール「AutoCrypt AFW」など、自社の自動車セキュリティソリューション「AutoCrypt(アウトクリプト)」を紹介した。

<R-Car Consortium Forum 2018で紹介したペンタセキュリティの自動車セキュリティソリューション>

「R-Car Consortium Forum」とは、ルネサスが車載用SoC(System on chip)であるR-Car製品を中心に、パートナー企業とのソリューション構築し、お客様への提案を目的とする協業活動だ。自動運転車の登場により、車載用半導体の需要が高まり、技術要求レベルが高くなることに伴い、ルネサスでは「自動運転車向け統合プラットフォーム」の拡充を図り、多様な環境でインタラクションできる、エコシステムによるソリューション提案を強化している。

「ルネサスR-Car製品搭載の評価ボード」へ搭載された「AutoCrypt AFW」は、自動車通信プロトコルへ最適化したファイアウォールで、車両の外部から流入される悪意のあるパケットや内部で発生する異常パケットを分析し、対応する。

「AutoCrypt(アウトクリプト)」は、AFWだけではなく △ 車両と外部インフラとの安全な通信を保障する「AutoCrypt V2X」、△ 車両用PKI認証システム「AutoCrypt PKI」、△ 車両用鍵管理システム「AutoCrypt KMS」、 △ 電気自動車キュリリティシステム「AutoCrypt V2G」、 △ 車両とデバイス間のセキュリティ通信システム 「AutoCrypt V2D」などで構成された自動車セキュリティのためのトータルソリューションである。


ペンタセキュリティの新事業本部長であるDS KIMは、「自動運転の時代の到来により、これまで内部制御が中心だった自動車半導体が今は周りのものと通信し、収集した情報を処理するなど、役割や需要性が急速に大きくなっている。」とし、「これにより、セキュリティへの要求もより高まっているため、20年以上蓄積してきたペンタセキュリティの技術力を持って完璧な自動車セキュリティを具現していく予定だ。」と述べた。

Autocrypt(アウトクリプト)

ペンタセキュリティのIoTセキュリティR&Dセンターの「ピックル(PICL; Penta IoT Convergence Lab)」が8年にわたって研究・開発したスマートカーセキュリティソリューションで、世界初の車両用アプリケーションファイアーウォールです。車両の外部から内部に侵入する攻撃トラフィックを検知し、車両内部で使用される様々な暗号キーや証明書、車両外部のセキュリティ通信に使用されるキーのライフサイクルを管理します。


本件に関するお問い合わせ
ペンタセキュリティシステムズ株式会社
E-mail : japan@pentasecurity.com
TEL : 03-5361-8201

e7c73c4918

ペンタセキュリティ子会社のAMO Labs、「CPC Crypto DevCon」へ参画

ペンタセキュリティ子会社のAMO Labs、

「CPC Crypto DevCon」へ参画

IoT・クラウド・ブロックチーェンセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳・貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、韓国本社、ヒューストン/米国法人)は、子会社のAMO Labsを通じ、6月10日から12日まで米国のサンフランシスコで開かれた「CPC Crypto DevCon」というカンファレンスに参画したことを明らかにした。

 

「CPC Crypto DevCon」は、Stanford DTI、Cryptic Labs、CPCが主催し、世界各国の暗号技術とブロックチェーンの専門家たちが集まり、現在の技術投稿や今後の見通しについて意見交換および議論するカンファレンスである。Google(グーグル)をはじめ、Facebook(フェイスブック)、Apple(アップル)、LinkedIn(リンクトイン)、AMO Labsなどに勤める1,700人以上の専門家たちが参加した。

 

特に、注目すべきなのは、今回のカンファレンスでは、公開鍵暗号(Public Key Cryptography)の産みの親のWhitfield Diffie教授がホストで参加したことである。Diffie教授は、1976年に今日の暗号技術の基盤である「Diffie-Hellman鍵交換」アルゴリズムを公表し、公開鍵暗号方式の概念を最初に提案した暗号学の権威者で、今回のカンファレンスでは、将来の新しいインターネットプロジェクトに関して発表した。

 

e7c73c4918

abe2e2dd6e

本カンファレンスでは、Diffie教授以外に、世界的に注目を浴びている多くの有名人たちがセッション発表を行った。ペンタセキュリティ子会社のAMO LabsのChief EvangelistのJason Yoo(ジェイソン・ユー)は、安全なデータ交換を保障する安全なプラットフォームの必要性を訴える「Blockchain for Time-Series Data(時系列データのためのブロックチェーン)」をテーマに発表し、「Coefficient Ventures」の創立メンバーでありながら、AMO Labsのアドバイザーを務めている「Chance Du」もブロックチーェン技術の見通しに関するセッションを行った。発表後には、カンファレンス参加者とブロックチェーン産業の現在と将来、そしてブロックチェーンにより今後社会がどのように変化していくのかについて議論した。

 

当社子会社のAMO Labsメンバーは、イベント前日に行われたVIPディナーに招待され、Diffie教授など多くのブロックチェーン専門家と暗号とブロックチェーン技術について議論した。特に、AMOブロックチェーンの核心である自動車データに対し、過去にも自動車データの収集・取引に関するビジネスが推進されたことはあるが、個人情報などのセンシティブな情報に対するセキュリティ確保に失敗し、ビジネス自体が成立されなかったことをみると、暗号技術をコア技術とする情報セキュリティ専門企業が自動車データのビジネスに乗り出すことに対し、反応が最も熱かった。

 

当社子会社のAMO Labsは、「CPC Crypto DevCon 2018」ブースも運営した。ブロックチェーン専門家やAMOファン、開発者など、多くの人々がブースに訪問し、AMOプロジェクトやビジネス現況などについて質問した。特に、殆どのブロックチェーン企業が、技術開発を始めたばかりのスタートアップであることに対し、AMO Labsは、20年以上培ってきた技術やノウハウを基にしていることに対し、安定性や持続性の側面で高く評価された。

 

AMO Labsについて

AMO Labsは、シンガポールに拠点を置き、ペンタセキュリティシステムズの技術を基に自動車データのブロックチェーンプラットフォームのAMO Marketを開発しています。

 


 

本件に関するお問い合わせ
当社子会社 AMO Labs
E-mail : ico@amo.foundation

 

profile

ペンタセキュリティ, 韓国仮想通貨取引所に論理演算分析エンジン搭載WAFの「WAPPLES(ワッフル)」を提供

ペンタセキュリティ,

韓国仮想通貨取引所に論理演算分析エンジン搭載WAFの「WAPPLES(ワッフル)」を提供

仮想通貨取引所をターゲットとするサイバー攻撃急増に伴い、Webセキュリティシステム構築が不可欠に

データ暗号化とWebセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長陳貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)が11月14日からブロックチェーンプラットフォームの専門企業である「CERTON」が運営する仮想通貨取引所の「コインリンク(www.coinlink.co.kr)」に、自社開発の論理演算分析エンジンを搭載したWebアプリケーションファイアウォールの「WAPPLES(ワッフル)」を提供することを明らかにしました。

 

現在運営されている多数の仮想通貨取引所は、その規模が小さい場合が多く、セキュリティシステムがまだ構築されていないため、セキュリティが確保できていないところが多いです。しかし、世界的に仮想通貨市場がすでに急成長し、拡大の一路にあり、一日あたり取引される金額が約1000億円となるなど、市場拡大により、これをターゲットにするサイバー攻撃が国内外を問わず急速に増加しています。

 

日本では、2017年上半期に個人の仮想通貨口座をハッキングした事件が33件発生し、これによって、約7650万円の仮想通貨が盗まれた事件がありました。(※1) これだけではなく、韓国最大規模の仮想通貨取引所である「Bithumb」では、職員のPCがハッキングされ、約3万人分の顧客情報が流出される事件(※2)があり、香港の仮想通貨取引所である「BITFINEX」もハッキングで約6500万ドルのビットコインを盗まれた事件がありました。(※3) このように、仮想通貨取引所をターゲットにしたサイバー攻撃の増加につれ、多数の仮想貨幣取引所はセキュリティの重要性を認知し、本格的にセキュリティシステムを構築し始めました。

 

「コインリンク」も、このような個人情報流出やハッキング脅威などの様々なサイバー攻撃に対応するため、セキュリティ専門企業との業務協約を締結し、ユーザーが安全に利用できる仮想通貨取引所の構築に勤しむ中、ペンタセキュリティの「WAPPLES(ワッフル)」をコインリンクに導入することで、高レベルのセキュリティシステムを構築できるようになりました。

 

今回「コインリンク」に導入されたペンタセキュリティの「WAPPLES(ワッフル)」は、国内およびアジア∙パシフィック地域1位のWebアプリケーションファイアウォールで、独自の技術力で開発された論理演算分析エンジン(COCEP)を搭載しており、まだ知られていない攻撃まで遮断し、誤検知率を低くしたのが特長です。そして、総26個のセキュリティポリシーがサイバー攻撃自体の特性を把握して対応するため、誤検知がほとんど発生しないのも特長で、1日約数千億円まで取引される仮想通貨取引所には最も適合した製品です。

 

ペンタセキュリティCSOのDSKimは、「国内だけでなく、全世界的に多数の仮想貨幣取引所がハッキングのターゲットになる今、さらに高レベルのセキュリティを持たなければならない。セキュリティシステム構築に投資しない仮想通貨取引所は、長期的な観点から見ると淘汰されるしかない。」とし、「ペンタセキュリティの金融機関の受注レファレンスを基盤にして、Webセキュリティとデータ暗号を適用すると、仮想貨幣取引所を利用する顧客らが情報漏洩や資産損失に対する憂慮なく、安全な取引できる環境を確保することができる。」と言及しました。

 

※1出典:毎日新聞、”仮想通貨不正アクセス送金33伴 被害7650万円 1~7月”、2017年09月07日
※2出典:Business Insider、”世界最大規模のビットコイン取引所がハッキングに、韓国Bithumb”、2017年07月06日
※3出典:日本経済新聞、”ハッキング、香港でビットコイン65億円盗難”、2016年08月03日

WAPPLES(ワップル)

WAPPLESは, 世界各国170,000のWebサイトを保護している信頼のソリューションであり、ペンタセキュリティが独自開発し4ヶ国特許を取得した検知エンジンを搭載し、セキュリティ専門家に頼らなくても使える知能型WAFです。

 


 

製品に関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201

 

15

ペンタセキュリティ創立20周年記念イベント

 

Secure First, Then Connect! 未来セキュリティビジョンを宣言

 

7月21日、ペンタセキュリティがソウルのグランドウォーカーヒルで創立20周年イベントを開催いたしました。

ペンタセキュリティは、1997年に創立以来、Trust for an Open Society、すなわち「信頼できるオープン社会」を目指し、企業のための情報セキュリティ・ソリューション研究、開発しています。

絶え間ない努力の末、ペンタセキュリティだけの独自暗号技術を基盤としてウェブセキュリティ(インテリジェントWAFのWAPPLES)とデータセキュリティ(暗号プラットフォームのD’Amo)、そして安全な認証セキュリティ(認証プラットフォームのISign+)製品をリリースしました。特に、WebアプリケーションファイアウォールのWAPPLES(ワップル)は、アジア∙パシフィック地域のマーケットシェア1位とともに、韓国市場でも10年以上連続1位をしながら、たくさんの企業から支持を受けています。

DH2A0327777

 

情報セキュリティのリーダーとしてペンタセキュリティは、クラウド環境でもwebアプリケーションファイアウォールのWAPPLES(ワップル)、暗号プラットフォームのD’Amo(ディアモ)、認証プラットフォームのISign+(アイサインプラス)の3つの企業情報セキュリティ要素を全て提供しています。また、ウェブと全てのものが連結される今、より安全な社会のために、コネクティッドカーセキュリティソリューションのAutoCrypt(アウトクリプト)を始まりに工場、エネルギー、ホームまで総4つの領域に対するIoTセキュリティソリューションを基盤としてIoTセキュリティ市場のリーダーとして定着しています。

創立20周年を迎え、ペンタセキュリティは、情報セキュリティに対する責任感を持ち、未来のセキュリティビジョンを宣言する一方、情報セキュリティが進むべき道を提示しました。

 

사장님

ペンタセキュリティの代表取締役社長の李錫雨氏は、「すべてが知能化され、連結されている今、セキュリティを先にして知能を与えてこそ、安全な社会を作っていくことができる。」と言及しました。

 

セキュリティから始まる。そしてつなぐ(Secure First、Then Connect)

 

これが、まさにペンタセキュリティのビジョンであるTrust for an Open Societyとも触れ合っている未来セキュリティビジョンです。

このビジョンの核心となるのは、インターネット環境だけでなく、日常生活の領域まで連結された一つの巨大なインフラ網をさらに高度化して、発展させるための第一段階がセキュリティということにあります。第4次産業革命に基盤したハイパー・コネクティッド・ワールド(hyper-connected society)に対応するためにはセキュリティが必須条件です。近づいてくるハイパー・コネクティッド・ワールドでは、セキュリティが必須道具を超えて、連結を可能にする要素です。ペンタセキュリティは、20周年記念イベントを通じて、連結と共有が大衆化される世界でIoTとクラウドセキュリティを中心に「先にセキュリティを実現し、後で連結する」ことを具現化し、信頼できるオープン社会に向けた新たな跳躍を約束しました。

 

続いては、創立記念日ごとに行われる永年勤続者に対する授賞を行いながら、お祝いする時間を持ちました。

1G1B0357

永年勤続者への授賞が終わった後、ディナーとともに始まった2部は、ピアニストとバンド、そしてDJパーティーを行いました。

창립20주년 2부행사

これからも情報セキュリティのリーダーとして、Secure First, Then Connectを実現しながら、さらに安全な社会を作っていくペンタセキュリティを見守ってください。