ペンタセキュリティ、シンガポールで自社WebアプリケーションファイアウォールWAPPLESをODMを通じて供給

ペンタセキュリティ、シンガポールで自社Webアプリケーションファイアウォール
WAPPLESをODMを通じて供給

シンガポールでのWebアプリケーションファイアウォール供給を始めて、グローバル市場拡大

データベース暗号化とWebセキュリティ企業のペンタセキュリティシステムズ (日本法人代表取締役社長 陳貞喜、www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)は、8月16日、シンガポールのサイバーセキュリティ企業であるQuannとのODM契約を通じて、シンガポールで自社WebアプリケーションファイアウォールのWAPPLES(ワップル)を「Quann WAF」製品として供給開始することを明らかにしました。シンガポール最大の防衛産業会社のCertis Ciscoの子会社であるQuannは、サイバーセキュリティサービスを提供する企業としてサイバー攻撃のリスク評価およびセキュリティ・コンプライアンスに関するコンサルティングを提供する企業です。Quannは、Webアプリケーションファイアウォール技術を顧客に提供する方法を調べる中、ペンタセキュリティとの協力を通じてODM(Original Design Manufacture:開発力を備えている企業が販売網を備えている流通業者に商品やサービスを提供する生産方式)方式でWebアプリケーションファイアウォールを提供することにしました。ペンタセキュリティのWAPPLES(ワップル)は、アジア・パシフィック地域のマーケットシェア1位のWebアプリケーションファイアウォールとしてペンタセキュリティが独自開発した論理演算型エンジン(COCEP™)を活用しており、他社のWebアプリケーションファイアウォールとは違く、別途シグネチャのアップデートが必要ないという特徴を持っています。また、米国の性能測定機関であるTollyグループ(Tolly Group)で施行したテストを通じて、海外の有名Webアプリケーションファイアウォールに比べて、TPS、CPS、誤探率などのWebアプリケーションファイアウォールの主要性能が優れているという評価を受けた履歴があります。今回、ペンタセキュリティとQuannが結んだODM契約を通じて、WAPPLES(ワップル)は「Quann WAF」という名称でシンガポールで提供される予定です。「Quann WAF」は、ペンタセキュリティの初ODMプロジェクトで、東南アジアの主要3大市場であるシンガポール、香港、マレーシアに販売される予定で、その後はWebアプリケーションファイアウォールだけでなく、セキュリティ管理サービス(Managed Security Service)でもQuann WAFを活用する予定だそうです。また、Quannのグローバル・パートナー社を通じて、WAPPLES(ワップル)とQuann WAFをグローバル市場でも供給することで、グローバル市場での立地を固めていく見込みです。

ペンタセキュリティの最高技術責任者であるDS Kimは、「優秀な技術力を認められているWAPPLES(ワップル)を「Quann WAF」としてシンガポールをはじめ、アジア・パシフィック地域で提供することができてとてもうれしい。」とし、「これからもペンタセキュリティのレベルの高い技術力を盛り込んだ製品を様々な国家に提供し、グローバル市場へ事業領域を拡張していく計画である。」述べました。

WAPPLES

 

WAPPLESは, 世界各国170,000のWebサイトを保護している信頼のソリューションであり、ペンタセキュリティが独自開発し4ヶ国特許を取得した検知エンジンを搭載し、セキュリティ専門家に頼らなくても使える知能型WAFです。

 

 

製品に関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply