Posts

20181023095113

【情報】 最新Web脆弱性トレンドレポートのEDB-Report(第3四半期)がリリースされました。

ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータセキュリティチームの
専門性と経験による情報解析、EDB-Report 第3四半期バージョンをリリース

2018年第3四半期の最新Web脆弱性トレンド情報

2018年7月から9月まで公開されたExploit‐DBの脆弱性報告件数は、87件でした。最も多くの脆弱性が公開された攻撃はSQLインジェクション(SQL Injection)です。特に、Joomla Component, WordPress Pluginから各18個、6個の脆弱性が公開されました。ここで、注目すべき脆弱性は、”Joomla Component”脆弱性で、当脆弱性は、SQLインジェクション(SQL Injection)の修行により、情報漏えいなどの被害を起こします。また,”WordPress Plugin”の脆弱性も注意しなければなりません。当脆弱性もSQL Injectionを含む様々な攻撃が行われました。”All In One Favicon 4.6″ 脆弱性は、遠隔の認証されたユーザがXSS 攻撃により、javascriptコードを実行することができ、XSS 攻撃はウイルス配布、ユーザセッション情報の奪取、CSRF攻撃などの2次、3次被害に繋がる可能性があるので、注意しなければなりません。

当脆弱性を予防するためには、最新パッチやセキュアコーディングがお薦めです。しかし、完璧なセキュアコーディングが不可能なため、持続的なセキュリティのためにはウェブアプリケーションファイアウォールを活用した深層防御(Defense indepth)の具現を考慮しなければなりません。

最新Web脆弱性トレンドレポート:EDB-Report

ペンタセキュリティが四半期ごとに提供しているExploit-DBのWeb脆弱性項目をもとにしたトレンドレポートです。本レポートは、世界的に幅広く参考している脆弱性関連のオプーン情報であるExploit-DBより公開されているWeb脆弱性について、ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータセキュリティチームの専門的知識と経験を活かし作成されています。

EDB-Reportは、各脆弱性を対象とし危険度および影響度を分析し、特定のWebアプリケーションにおけるDependency(依存度)まで提示しているため、専門的知識を持っていない一般のお客様でも脆弱性のトレンド情報を理解することができます。


profile

「2018年07月号」いよいよ暗号通貨ウォレットのPallet(パレット)が発売!台湾市場まで進出したペンタセキュリティの様々な活動も必見!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■   ペンタセキュリティシステムズ メールマガジン 2018/07/30    ■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【01】【ペンタストーリー】 ペンタセキュリティ公式Twitterアカウント開設のお知らせ
【02】【プレスリリース】 暗号通貨ウォレットのPallet(パレット)を発売
【03】【プレスリリース】 台湾セキュリティ市場進出のためのパートナーシップを締結
【04】【プレスリリース】 電気自動車(EV)の充電インフラビジネスに関するMOU締結
【05】【コラム】 変化する未来自動車の5つの要素:第1回・第2回

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【01】【ペンタストーリー】 ペンタセキュリティ公式Twitterアカウント開設のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ペンタセキュリティシステムズが公式Twitterアカウントを開設しましたので、お知らせいたします。

ペンタセキュリティの製品・サービスに関する最新情報やイベント情報、プレスリリースやセキュリティ

全般に関する情報など、幅広い情報をいち早くお届けするため、公式Twitterを開設いたしました。

公式サイトやオウンドメディア、また様々なIT情報サイトからの情報をまとめてお伝えいたしますので

ぜひフォローをお願いいたします。

 

>>ペンタセキュリティ公式Twitterアカウントのフォローはこちらから
https://bit.ly/2JNIhqv

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【02】【プレスリリース】 暗号通貨ウォレットのPallet(パレット)発売 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ペンタセキュリティのモバイルウォレット「Pallet(パレット)」がようやく発売されました!

Pallet(パレット)は、ペンタセキュリティが20年間蓄積してきた技術力を適用した、安全で使いやすい

暗号通貨ウォレットのアプリケーションです。

最近、暗号通貨をめぐり、続々と発生しているセキュリティ事故の原因が鍵の漏えいによるものであること

に着目し、モバイルデバイス等ハードウェアにおけるTEE(Trusted Execution Environment、信頼実行環境)

のセキュアな領域で鍵を安全に保管するように開発されました。

TEE領域に保管すると、モバイルデバイスの保存領域がハッキング攻撃を受け、鍵が漏えいされたとしても、

原本のデバイスでなければ使うことができないため、安全です。

 

サービスの詳しい情報は、下記のプレスリリースをご参考ください。

 

>> 「暗号通貨ウォレットのPallet(パレット)をリリース」プレスリリース全文はこちら
https://bit.ly/2LxyidI

 

※ 暗号通貨関連の他の記事はこちらから確認できます。
「暗号通貨取引所向けのトータルセキュリティ・ソリューションCryptoXchange供給開始」
https://bit.ly/2Le1W8x
▶「ペンタセキュリティが暗号通貨ウォレットの発売を発表!」
https://bit.ly/2qLTssc

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【03】【プレスリリース】 台湾セキュリティ市場進出のためのパートナーシップを締結
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ペンタセキュリティが台湾政府機関や主要IT企業などにセキュリティ製品およびサービスを提供する

「HEM Infosec Co.、Ltdとのパートナーシップ締結を通じて、台湾セキュリティ市場への進出と共に

グローバル事業を拡張いたします。

台湾は、既存のIT製造業と半導体などの分野で頭角を現し、アジア各国の物理セキュリティ市場でも高い

シェアを占めている国ですが、サイバーセキュリティ分野では比較的に目立った成果を出せなかったです。

しかし、政府はサイバーセキュリティ事業の育成促進と「アジアのシリコンバレーを目指す。」という

政府政策の実施に向け、約110億台湾ドル(約403億円)に達する投資を敢行しています。

政府政策の変化とともに民間市場でもウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)のような高い

セキュリティを実現する製品の需要が増加しています。

 

このような市場のニーズ増加により、台湾政府機関や公共機関などにアンチウイルスなどのエンドポイント

(EndPoint)セキュリティ製品を主に供給してきたHEM Infosecがウェブアプリケーションファイアウォール

の事業展開に向け、ペンタセキュリティとパートナーシップを締結することになりました。

今回のパートナーシップの締結を通じて、ペンタセキュリティはアジア・パシフィック地域1位のWAFの

「WAPPLES(ワッフル)」を皮切りに、高セキュリティを実現してくれる様々な製品を提供していく

予定です。

 

さらに詳しい内容は、下記のプレスリリースをご参考ください。

 

>> 「台湾セキュリティ市場進出のためのパートナーシップを締結」プレスリリース全文はこちら
https://bit.ly/2myrLl4

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【04】【プレスリリース】 電気自動車(EV)の充電インフラビジネスに関するMOU締結
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ペンタセキュリティがスマートグリッド(*)専門エネルギー企業のグリッドウィズ社と電気自動車(EV)の

充電インフラ・ソリューションやスマートエネルギー・ソリューションに対して相互協力するMOUを締結し

ました。今回のMOUにより、ペンタセキュリティは自社のコネクティッドカーセキュリティソリューション

のAutoCrypt(アウトクリプト)をグリッドウィズ社の次世代電気自動車(EV)の自動決済のための「プラグ&

チャージ(Plug and Charge:PnC)」システムに適用することになりました。

プラグ&チャージ(Plug and Charge:PnC)とは、電気自動車(EV)の充電時にユーザ認証および決済が自動

的に行われるようにする新しい充電技術です。

 

今回のMOU締結により、ISO/IEC 15118などの電気自動車(EV)の充電システムに求められるセキュリティ

要件を満たす認証および検証システムを構築することで、電気自動車インフラ市場において、便利で安全

な充電および決済ソリューションを披露する計画です。

 

さらに詳しい内容は、下記のプレスリリースをご参考ください。

>>「電気自動車(EV)の充電インフラビジネスに関するMOU締結」プレスリリース全文はこちら
https://bit.ly/2Lyghfi

 

* スマートグリッドとは?
次世代送電網、電力の流れを供給側・需要側の両方から制御し、最適化できる送電網

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【05】【コラム】 変化する未来自動車の5つの要素:第1回・第2回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【概要】

モノのインターネットやクラウドのような言葉が日常的な用語となり、技術系で働かない人々にももう

不慣れでない。近年では、様々な分野で第4次産業革命を言及しながら、社会全般にわたって大きな変化

と革新を持って来るはずだと期待している。

第4次産業革命時代を迎え、様々な産業分野で変化が起きている。その中でも、代表的なのは「モノの

インターネット」と「クラウド」で、その中でもモノのインターネットを導く自動車が注目を浴びている。

このコラムでは、宇宙、または空間を意味する「SPACE」をセキュリティ(Security)、プラットフォーム

(Platform)、自律走行(Autonomous)、連結性(Connectivity)、電化(Electrification) の 5つの単語

の組み合わせで定義し、ネットワークと繋がり、変化していく未来自動車の様子を詳しく説明する。

 

【目次】
 第1回
  ・SPACEとは?
  ・電化(Electrification)
 第2回
  ・連結性(Connectivity)
  ・自律走行(Autonomous Driving)
 第3回
  ・プラットフォーム(Platform)
  ・セキュリティ(Security)

* 3回に分けて連載されるこのコラムは、今月には2回分まで紹介いたします。

 

>>「変化する未来自動車の5つの要素:第1回」全文はこちら
https://bit.ly/2uGZhdp

>>「変化する未来自動車の5つの要素:第2回」全文はこちら
https://bit.ly/2NEwMUL

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 製品・パートナシップに関するお問い合わせ
ペンタセキュリティシステムズ株式会社 日本法人
Tel:03-5361-8201 / E-mail: japan@pentasecurity.com

■ 本件に関するお問い合わせ
ペンタセキュリティシステムズ株式会社
Tel:03-5361-8201 / E-mail: mkt1@pentasecurity.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

profile

ペンタセキュリティ、名古屋・大阪で 大興電子通信との初合同セミナーを開催

 

ペンタセキュリティ、名古屋・大阪で

大興電子通信との初合同セミナーを開催

サーバセキュリティからエンドポイントセキュリティまで、
Web攻撃対策に向けた実質的な解決策を提示

データ暗号化とWebセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長陳貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒューストン/米国法人)は、大興電子通信株式会社との合同セミナーを8月29日と30日の両日間、名古屋と大阪で開催することを明らかにしました。

 

最近のセキュリティ脅威は、世界的に類似な様相を見せながら急増し、グローバルな話題として浮上しています。

日本では、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を控え、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)を通じて、対策の強化に取り組んでおります。また、東京都中小企業振興公社ではサイバーセキュリティ対策促進助成金の公募を公表するなど、企業セキュリティ対策の準備を促進しています。一方、欧州連合(EU)では、一般個人情報保護法(General Data Protection Regulation、以下GDPR)の制定を通じて、今まで曖昧であった個人情報取扱方針を強制力のある制度として改正し、ヨーロッパ全域に適用させようとする動きを見せています。

 

このような状況の中、グローバルでレベルの高い技術力を所有し、その経験とノウハウを積み重ねてきたペンタセキュリティと、日本でのシステム構築からハードウェア保守まで多様なサービスを顧客に提供してきた大興電子通信は、Web攻撃対策に対する実質的な解決策を提示するための合同セミナーを開催することといたしました。

 

今回の合同セミナーは、企業経営者とセキュリティ担当者の方々を対象に、Webセキュリティ対策に必要であるサーバセキュリティとエンドポイントセキュリティについて紹介いたします。第1部は、大興電子通信が米国政府機関にて採用している新概念アイソレーションテクノロジーに対する紹介をいたします。第2部ではペンタセキュリティがサイバー攻撃に対して、合理的で実質的なWebセキュリティ対策を実施する方法と次世代セキュリティソリューションを紹介する予定です。名古屋は8月29日(火)午後2時30分から5時まで、大阪は8月30日(水)午後2時30分から5時まで開催します。

 

ペンタセキュリティは、今回のセミナーで実質的なWebセキュリティ対策に対する提案とともに、サーバセキュリティのためのクラウド型WAFサービス「Cloudbric®(クラウドブリック)」のデモンストレーションを交えて説明します。Cloudbric®(クラウドブリック)は、アジア・パシフィック地域のマーケットシェア1位のWebアプリケーションファイアウォールである「WAPPLES(ワップル)」の論理演算検知エンジンを搭載したクラウド基盤のWAFです。アカウント生成・ドメイン入力・DNSへの転換の3つの段階で簡単にWebサイトセキュリティに必要な全てのサービスを利用することができ、グローバル市場から大好評を受けた製品です。日本では、顧客向けのエンタープライズWAFサービスを新規リリースし、パートナー企業の募集活動を活発に進めています。

 

ペンタセキュリティのCSOであるDSKimは「Web攻撃は、全世界的に類似な攻撃手法とパターンで企業の規模を問わず広範囲にわたって発生している。企業はセキュリティ対策の準備に多く困難していることが現実だ。」とし、「多くの企業がITセキュリティの強化に向け、効果的なセキュリティ対策を講じられるよう今後も継続的にセミナーを開催して、様々な活動を展開していく予定だ。」と言及しました。

 

今回の合同セミナーに対する詳しい内容の確認及び参加の申し込みは、ペンタセキュリティの公式ホームページで確認できます。

 

Cloudbric(クラウドブリック) 

WebサイトとドメインがあればWebサイトプラットフォームにかかわらず誰でも利用できます。単にDNSを変更するだけで、わずか5分以内でクラウドブリックを適用することができます。設置や維持のためにハードウェア、ソフトウェアは必要なく、現在のホスティングプロバイダを維持できます。クラウドブリックはいつでも簡単に設定を解除できます。


 

製品に関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201

 

profile

ペンタセキュリティのクラウドブリック、1ヶ月間100GB無料提供プロモーション開始

 

ペンタセキュリティのクラウドブリック、

1ヶ月間100GB無料提供プロモーション開始

 

ドメイン登録だけでSSL認証書発行およびWebサイトセキュリティに必要なすべてのサービスを提供

データベース暗号化とWebセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)は、2月1日から1ヶ月間、クラウド基盤のWebサイトセキュリティサービスであるCloudbric®(クラウドブリック)の新規登録顧客に1ヶ月間該当サービスを100GBまで無料で提供するプロモーションを開始することを明らかにしました。

 

ペンタセキュリティのCloudbric®(クラウドブリック)は、アジア・パシフィック地域で市場シェア1位のWebアプリケーションファイアフォールのWAPPLES®(ワップル)の技術を基にして作られたクラウド基盤のWebハッキング遮断サービスで、中小事業者および個人Webサイト運営者のために開発されました。2016年11月からは、Webサイトセキュリティに必要なWAFおよびDDos攻撃防止、不正アクセス制御などの機能に加え、無料SSL認証書の発行サービスまで提供し、多くの中小事業者に注目されています。

 

㋁から1ヶ月間進行されるCloudbric®(クラウドブリック)の月100GB無料提供プロモーションは、日本でサービスを開始して初めて開始するプロモーションで、期間内登録顧客には、既存のCloudbric®(クラウドブリック)が提供していた2週間データ使用量4GB無料特典に加えて、1ヶ月間100GBまで無料で提供します。今回のプロモーションは、法人用クラウドサービス比較サイトのBoxil(ボクシル)を通じて行われています。

 

一方、Cloudbric®(クラウドブリック)は2016年ヨーロッパのSC Awardと米国のCyber Defense Magazine Awardsでの受賞を通じて、グローバル競争力を認められ、ひいては全世界のデータセンターおよびホスティングプロバイダーのためのクラウドブリックパートナシッププログラムを本格的に展開しています。現在、米国、日本、香港、ベトナムなどのメジャー企業との契約を通じて、世界中9か所のリージョンが構築され、持続的な海外パートナシップを通じてサービス可能地域を拡張しています。

 

ペンタセキュリティのCSOのDSKimは、「日本でもWebサイト運営者たちがセキュリティサービスを必須として認識する傾向が見られ、今回のプロモーションを準備することにした。」とし、「これとともに、全世界に構築したリージョンを基に、クラウドブリックのパートナシッププログラムも世界的に活性化させる予定だ。」と言及しました。

Cloudbric®(クラウドブリック)の詳しいサービス紹介やプロモーション内容はBoxilのWebサイト(https://boxil.jp/cloud_waf/1262)で確認できます。

 

Cloudbric(クラウドブリック) 

WebサイトとドメインがあればWebサイトプラットフォームにかかわらず誰でも利用できます。単にDNSを変更するだけで、わずか5分以内でクラウドブリックを適用することができます。設置や維持のためにハードウェア、ソフトウェアは必要なく、現在のホスティングプロバイダを維持できます。クラウドブリックはいつでも簡単に設定を解除できます。

 

製品に関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201

 

 

EDB12

【情報】最新Web脆弱性トレンドレポートのEDB-Report(12月)がリリースされました。

ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータセキュリティチームの
専門性と経験による情報解析、EDB-Report 12月号をリリース

最新のWeb脆弱性のトレンドを解りやすく
>>>>>Exploit-DBのWeb脆弱性を解析した毎月のトレンドレポート

EDB-Reportは、ペンタセキュリティが提供している3種類のセキュリティ情報レポートのうち、毎月発行されるトレンドレポートです。本レポートは、世界的に幅広く参考している脆弱性関連のオプーン情報であるExploit-DBより公開されているWeb脆弱性の項目をもとにした解析を提供し、ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータセキュリティチームの専門的知識と経験を活かし作成されています。

EDB-Reportは、各脆弱性を対象とし危険度および影響度を分析し、特定のWebアプリケーションにおけるDependency(依存度)まで提示しているため、専門的知識を持っていない一般のお客様でも脆弱性のトレンド情報を理解することができます。

最新Web脆弱性トレンドレポート:EDB-Report

ペンタセキュリティが毎月(年12回)提供しているExploit-DBのWeb脆弱性項目をもとにしたトレンドレポートです。本レポートは、世界的に幅広く参考している脆弱性関連のオプーン情報であるExploit-DBより公開されているWeb脆弱性について、ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータセキュリティチームの専門的知識と経験を活かし作成されています。

profile

【情報】最新Web脆弱性トレンドレポートのEDB-Report(11月)がリリースされました。

ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータセキュリティチームの
専門性と経験による情報解析、EDB-Report 11月号をリリース

最新のWeb脆弱性のトレンドを解りやすく
>>>>>Exploit-DBのWeb脆弱性を解析した毎月のトレンドレポート

EDB-Reportは、ペンタセキュリティが提供している3種類のセキュリティ情報レポートのうち、毎月発行されるトレンドレポートです。本レポートは、世界的に幅広く参考している脆弱性関連のオプーン情報であるExploit-DBより公開されているWeb脆弱性の項目をもとにした解析を提供し、ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータセキュリティチームの専門的知識と経験を活かし作成されています。

EDB-Reportは、各脆弱性を対象とし危険度および影響度を分析し、特定のWebアプリケーションにおけるDependency(依存度)まで提示しているため、専門的知識を持っていない一般のお客様でも脆弱性のトレンド情報を理解することができます。

最新Web脆弱性トレンドレポート:EDB-Report

ペンタセキュリティが毎月(年12回)提供しているExploit-DBのWeb脆弱性項目をもとにしたトレンドレポートです。本レポートは、世界的に幅広く参考している脆弱性関連のオプーン情報であるExploit-DBより公開されているWeb脆弱性について、ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータセキュリティチームの専門的知識と経験を活かし作成されています。

profile

ペンタセキュリティのクラウドWebハッキング遮断サービス「クラウドブリック」、登録サイト数4200個を超え

ペンタセキュリティのクラウドWebハッキング遮断サービス

「クラウドブリック」、登録サイト数4200個を超え

 

ドメイン登録だけでSSL認証書発行および
Webサイトセキュリティに必要な全サービスを提供

データベース暗号化とWebセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社 (日本法人代表取締役社長 陳貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)が12月21日、自社のクラウド基盤のWebハッキング遮断サービスであるCloudbric®(クラウドブリック)に登録したWebサイト数が4200個を超えたことを明らかにしました。

Cloudbric®(クラウドブリック)は、情報セキュリティ分野の最前線で約20年間ノウハウを蓄積してきたペンタセキュリティが中小企業や個人ユーザも手軽にセキュリティサービスを利用できるように開発したクラウド基盤のサービスで、アジア・パシフィック地域のマーケットシェア1位のWebアプリケーションファイアウォールであるWAPPLES(ワップル)の技術を搭載しています。アプライアンスタイプのWebアプリケーションファイアフォールとは異なり、アカウント作成およびドメイン入力、DNS変更の3つのステップにより、Webサイトのセキュリティにおいて必要なすべてのサービスを提供しているので、グローバル市場の小規模事業者から大きな反響を得て、登録Webサイト数が今年初2,000個から2倍の4,200個まで増えました。

Cloudbric®(クラウドブリック)は、Webハッキング攻撃・Webトラフィック改ざん・個人情報奪取・DDoS攻撃・Webサイト改ざんなどからWebサイトを保護する機能に加え、今年11月からLet’s Encryptとの連携により無料SSL証明書の発行サービスを追加し、さらに高度のセキュリティサービスを提供しています。ITに関する知識がなくても簡単に適用することができるし、エンタープライズ級のセキュリティサービスを手軽に利用できるという点を高く評価され、SC Awards Europe2016では「最高の中小企業セキュリティソリューション(Best SME Security Solution)」賞を受賞し、 米国の「国家サイバーセキュリティ意識向上月間(National Cyber Security Awareness Month、NCSAM)ではセキュリティサービス部門のチャンピオン企業として2年連続選定されました。

ペンタセキュリティのCTOのDSKimは、「2015年初めてグローバル市場にクラウドブリックを披露した以来、何回の受賞を通じて、クラウド市場が活性化された海外からクラウドブリックの高度のセキュリティ性を認められ、そのおかげでユーザが増加し続けていると見られる。」とし、「世界的にクラウド基盤のサービスが商用化されることにより、ペンタセキュリティも高いレベルのセキュリティサービスを提供し続けて、全般的なWebサイトのセキュリティレベル向上に貢献したい。」と言及しました。

Cloudbric(クラウドブリック) 

WebサイトとドメインがあればWebサイトプラットフォームにかかわらず誰でも利用できます。単にDNSを変更するだけで、わずか5分以内でクラウドブリックを適用することができます。設置や維持のためにハードウェア、ソフトウェアは必要なく、現在のホスティングプロバイダを維持できます。クラウドブリックはいつでも簡単に設定を解除できます。

 

製品に関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201

 

001

【情報】最新Web脆弱性トレンドレポートのEDB-Report(10月)がリリースされました。

ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータセキュリティチームの
専門性と経験による情報解析、EDB-Report 10月号をリリース

最新のWeb脆弱性のトレンドを解りやすく
>>>>>Exploit-DBのWeb脆弱性を解析した毎月のトレンドレポート

EDB-Reportは、ペンタセキュリティが提供している3種類のセキュリティ情報レポートのうち、毎月発行されるトレンドレポートです。本レポートは、世界的に幅広く参考している脆弱性関連のオプーン情報であるExploit-DBより公開されているWeb脆弱性の項目をもとにした解析を提供し、ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータセキュリティチームの専門的知識と経験を活かし作成されています。

EDB-Reportは、各脆弱性を対象とし危険度および影響度を分析し、特定のWebアプリケーションにおけるDependency(依存度)まで提示しているため、専門的知識を持っていない一般のお客様でも脆弱性のトレンド情報を理解することができます。

最新Web脆弱性トレンドレポート:EDB-Report

ペンタセキュリティが毎月(年12回)提供しているExploit-DBのWeb脆弱性項目をもとにしたトレンドレポートです。本レポートは、世界的に幅広く参考している脆弱性関連のオプーン情報であるExploit-DBより公開されているWeb脆弱性について、ペンタセキュリティのR&Dセンターのデータセキュリティチームの専門的知識と経験を活かし作成されています。

ペンタセキュリティ、2016年アジア・パシフィック地域最高のセキュリティベンダーとして選定

 

ペンタセキュリティ、
2016年アジア・パシフィック地域最高のセキュリティベンダーとして選定

アジア・パシフィック市場のWebアプリケーションファイアウォール1位に引き続き、スマートカーセキュリティ、IoT研究開発などで高い評価を受け
データベース暗号化とWebセキュリティ専門企業ペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳貞喜、www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)は、6月15日、フロスト&サリバン(Frost&Sullivan)が主管し、シンガポールで行われた「第13回アジア・パシフィックICTアワード」で2016の最高のセキュリティベンダーに選定されたことを明らかにしました。

フロスト&サリバンは、アメリカに本社を置いていて、50年以上の歴史を持っている世界的なグローバルリサーチコンサルティングの専門機関で、毎年産業別の客観的な評価資料を載せた「Frost IQ報告書」を発刊しています。特に、毎年主催している「アジア・パシフィックICTアワード」は、フロスト&サリバンのアジア・パシフィック地域に所属されている約30人のアナリストやコンサルタントたちが約6ヵ月にわたって評価を行います。彼らは、売上伸び率、市場占有率、製品の革新の先導、主要顧客誘致、ビジネスおよび市場戦略を含めて様々な指標を厳しく検討し、最終的にペンタセキュリティを2016アジア・パシフィック地域最高のセキュリティベンダーとして選定しました。

フロスト&サリバンの関係者は、1位選定の理由として「約20年間、絶えず新事業を発掘し、新しい製品を開発・リリースする革新性や挑戦精神を高く評価した。」とし、「特に、ペンタセキュリティはスマートカーセキュリティソリューションやクラウドSECaaSなどを研究して、製品をリリースした点が高く評価され、受賞することになった。」と選定理由を説明しました。

ペンタセキュリティは、2014年から自主走行自動車のセキュリティ研究に注力し、昨年、スマートカーセキュリティソリューションであるアウトクリプト(AutoCrypt)をリリースしました。また、情報セキュリティ製品の使用が難しい中小事業者のためのWebハッキング遮断サービスであるクラウドブリック(cloudbric)をリリースしたこともあります。クラウドブリックは、最近ヨーロッパのSC Awardsで「最高の中小企業セキュリティソリューション」を受賞するなど、グローバル市場で大きな反響を得ています。

これとともに、クラウドブリック技術の基盤となるペンタセキュリティのWebアプリケーションファイアウォールWAPPLES(ワップル)は、今年リリース11年目を迎えましたが、昨年、アジア・パシフィックWebアプリケーションファイアウォールの市場占有率1位達成、4年連続「今年のWebアプリケーションファイアウォール」に選定されるなど、優秀な性能とともに、クラウド使用者のための仮想化バージョン、Webアプリケーション脅威解析報告書及び簡単かつ便利な管理ツールなど多様な使用者の便宜サービスを提供しています。

ペンタセキュリティの李錫雨(リ・ソグ)社長は「今回の受賞は、19年間情報セキュリティの技術開発に傾けてきた努力の結果で、アジア・パシフィック地域を代表するセキュリティベンダーとして選定されてとても嬉しい。」とし、「アジア・パシフィックITセキュリティ市場だけでなく、世界中のセキュリティ技術をリードする企業として成長していきたい。」と述べました。

ペンタセキュリティのクラウドブリックがSC Awards Europe 2016で受賞

 

ペンタセキュリティのクラウドブリックがSC Awards Europe 2016で受賞

中小企業のための代表セキュリティソリューションとしてヨーロッパで認められ

データベース暗号化とWebセキュリティ専門企業ペンタセキュリティシステムズ株式会社 (日本法人代表取締役社長 陳貞喜、www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、ソウル/韓国本社、ヒュースト/米国法人)のクラウド基盤Webハッキング遮断サービスである「クラウドブリック(Cloudbric)」が6月7日、情報セキュリティ産業分野でリーダーシップを披露している企業に賞を授与するSC Awards Europe 2016(以下SCアワード)の「最高中小企業セキュリティソリューション(Best SME Security Solution)」部門で受賞したことを明らかにしました。

SCアワードは、情報セキュリティ産業分野の最新ニュースやリサーチ資料、分析情報を提供するSC Magazine UKで主管する授賞式で、毎年革新的なセキュリティ技術を保有した専門家や開発業社、供給会社を受賞者として選定してきました。SCアワードの最終受賞者は、情報セキュリティ産業で経験を蓄積し、専門知識を保有している審査委員の評価で選定されます。クラウドブリックは、5月「最高中小企業セキュリティソリューション」部門で最終候補として選定され、6月7日、ロンドンで開かれたSCアワード授賞式でSophos, Barracudaなどのグローバル企業の勝ち抜いて受賞企業として選定されました。

SCマガジンの編集長であるTony Morbin氏は、「グローバルセキュリティ企業を勝ち抜いて韓国の企業が受賞したことはとても意味深いことで、クラウドブリックは中小事業者のためのセキュリティサービスとして彼らの全般的なセキュリティレベルを向上させたことに貢献したため、受賞者として十分な資格を持っていると判断した。」と言及しました。

クラウドブリックは、小商工業主および中小企業のために開発されたクラウド基盤のWebハッキング遮断サービスとして、約19年間蓄積されたペンタセキュリティのITセキュリティ技術を基にして、中小事業者のためにエンタープライズ級のセキュリティサービスを月額サービス方式で提供しています。レベルの高いセキュリティサービスとともに使用方式が簡単なことから国内だけでなく、グローバル市場の小規模オンライン事業者から大きな反響を得ています。

ペンタセキュリティの最高技術責任者であるDS Kimは、「この3月、米国のCyber Defense Magazine Awardsで、自社のWebアプリケーションファイアウォールのWAPPLES(ワップル)とオープンソース暗号化ソリューションであるMyDiamo(マイディアモ)が受賞したことに引き続き、今年海外での受賞をすることになり、非常に嬉しく思う。」とし、「特に、世界的にクラウド基盤のセキュリティサービスが商用化されたことによって、ペンタセキュリティだけが持っている高いレベルのセキュリティ技術で海外市場でクラウドブリックの立地を固めていく予定」と述べました。

Cloudbric(クラウドブリック)

 

WebサイトとドメインがあればWebサイトプラットフォームにかかわらず誰でも利用できます。単にDNSを変更するだけで、わずか5分以内でクラウドブリックを適用することができます。設置や維持のためにハードウェア、ソフトウェアは必要なく、現在のホスティングプロバイダを維持できます。クラウドブリックはいつでも簡単に設定を解除できます。

 

 

Cloudbricに関するお問い合わせ

E-Mail : japan@pentasecurity.com / TEL : 03-5361-8201